救急法等の講習

けがや事故に備えるために

「人間のいのちと健康、尊厳を守る」ために、一次救命処置や健康で安全に暮らすための知識と技術を広めています。AED(自動対外式除細動器)の使い方や高齢者の自立を支援する方法、子どもの事故防止と手当てなどの講習を行っています。人々の生活やライフステージにあわせ、「救急法」「健康生活支援講習」「幼児安全法」「水上安全法」「雪上安全法」の5種類の講習を実施。ボランティア指導員が中心となり普及にあたっています。

00

救急法

救急法講習では、一次救命処置としての心肺蘇生やAED(自動体外式除細動器)の使い方、日常生活における事故防止、急病やけがの応急手当などの知識と技術を習得できます。いざという時に、周囲にいる人が救急法を身につけていれば、大切ないのちを守ることができます。日本赤十字社は、救急法を一般市民に広く普及することで、より多くのいのちを救うことができる社会作りを目指しています。

00

健康生活支援講習

誰もが迎える高齢期を、健やかに生きるために必要な健康増進の知識や、高齢者の支援・自立に役立つ介護技術を習得できます。日本が直面している高齢社会に対応するため、健康増進の意識と互いに助け合うボランティアのこころを育み、地域での「自助」と「共助」の実践を目指しています。企業との連携や集合住宅での開催など、特性に応じて普及し、人間のいのちと健康、尊厳を守る地域づくりに貢献します。

00

海外赤十字社への支援

日本国内で実施している救急法講習のノウハウを海外の赤十字社に伝達・指導し、海外においても多くのいのちを救える社会作りに取り組んでいます。海外赤十字社への支援は平成16年(2004年)から開始し、東ティモール、カンボジア、ミャンマーの赤十字社に救急法の指導員を派遣するなどして講習事業の普及支援を実施しています※。

※事業評価の結果、カンボジアとミャンマーは平成30年(2018年)をもって支援を終了し、代わって他の赤十字社に支援を広げる予定です。

記載の数値は2018年3、4月時点のものです。
エントリ JOIN US