採血基準・問診事項

採血基準

厚生労働省令に定められた基準

採血

種類
200mL 全血採血400mL 全血採血血漿成分採血血小板成分採血
1回
採血量
200mL 400mL 600mL 以下
(循環血液量の12%以内)
400mL 以下
年齢 16~69歳 男性:17~69歳
女性:18~69歳
18~69歳 男性:18~69歳
女性:18~54歳
ただし、65~69 歳の者については、60 歳に達した日から65 歳に達した日の前日までの間に採血が行われた者に限る。
体重 男性45kg以上
女性40kg以上
男女50kg以上 男性45kg以上
女性40kg以上
最高
血圧
90mmHg以上
血色素量 男性:12.5g/dL以上
女性:12.0g/dL以上
男性:13.0g/dL以上
女性:12.5g/dL以上
12g/dL以上(赤血球指数が標準域*にある女性は11.5g/dL以上)

*:標準域
MCV:81~100(fL)
MCH:26~35(pg)
MCHC:31~36(%)
12g/dL以上
血小板数 15万/μL以上
採血間隔 200mL 全血採血、400mL 全血採血共に、過去4週間以内に200mL 全血採血を行われたことがある者、過去12週間以内に400mL 全血採血を行われたことがある男性又は過去16週間以内に400mL 全血採血を行われたことがある女性、過去2週間以内に成分採血を行われたことがある者を除く。 過去4週間以内に200mL 全血採血を行われたことがある者、過去8週間以内に400mL 全血採血を行われたことがある者、又は過去2週間以内に成分採血を行われたことがある者を除く。 過去4週間以内に200mL 全血採血を行われたことがある者、過去8週間以内に400mL 全血採血を行われたことがある者、過去2週間以内に血漿成分採血、過去1週間以内に血小板成分採血を行われたことがある者、血小板成分採血を4週間以内に4回行われたことがあり、その4回目の血小板成分採血から4週間を経過していない者を除く。
年間
総採血量
過去1年以内に行われた全血採血の総量が1,000mLを超えている男性又は600mLを超えている女性を除く。 過去1年以内に行われた全血採血の総量が800mLを超えている男性又は400mLを超えている女性を除く。
年間
採血回数
男性6回以内
女性4回以内
男性3回以内
女性2回以内
血小板成分献血1回を2回分に換算して血漿成分献血と合計で24回以内
共通事項 次の者からは採血しない。
  1. 妊娠していると認められる者、又は過去6ヵ月以内に妊娠していたと認められる者
  2. 採血により悪化するおそれのある循環系疾患、血液疾患その他の疾患に罹っていると認められる者
  3. 有熱者その他健康状態が不良であると認められる者

日本赤十字社内部基準

脈拍 正常であること。
体温 平熱であること。
血圧 省令の基準に準じるが、最高血圧が180mmHg 以上の人、最低血圧が100mmHg以上の人については、検診医の判断を要すること。
血小板数* 厚生労働省令に準じるが、60万/μL以下であること。
心電図* 心不全を起こす可能性がある不整脈がないこと。
心筋障害及び心筋梗塞の可能性がないこと。
尿検査* 必要に応じて実施し、検診医が正常と判断すること。
出血凝固系検査* 正常であること。

*:成分採血時に適応。

ページトップへ戻る

問診項目

  1. 今日の体調は良好ですか。
  2. 3日以内に出血を伴う歯科治療(抜歯、歯石除去等)を受けましたか。
  3. 3日以内に薬を飲んだり、注射を受けましたか。
  4. 次の育毛薬/前立腺肥大症治療薬を使用したことがありますか。
    プロペシア・プロスカー等(1ヵ月以内)、アボダート・アボルブ等(6ヵ月以内)
  5. 次の薬を使用したことがありますか。
    乾せん治療薬(チガソン)、ヒト由来プラセンタ注射薬(ラエンネック・メルスモン)
  6. 24時間以内にインフルエンザの予防接種を受けましたか。
  7. 1年以内にインフルエンザ以外の予防接種を受けましたか。
  8. 次の病気や症状がありましたか。
    (1)3週間以内-はしか、風疹、おたふくかぜ、帯状ほうしん、水ぼうそう
    (2)1ヵ月以内-発熱を伴う下痢
    (3)6ヵ月以内-伝染性単核球症、リンゴ病(伝染性紅斑)
  9. 1ヵ月以内に肝炎やリンゴ病(伝染性紅斑)になった人が家族や職場・学校等にいますか。
  10. 6ヵ月以内に次のいずれかに該当することがありましたか。
    (1)ピアス、またはいれずみ(刺青)をした。
    (2)使用後の注射針を誤って自分に刺した。
    (3)肝炎ウイルスの持続感染者(キャリア)と性的接触等親密な接触があった。
  11. 1年以内に次の病気等にかかった。
    外傷、手術、肝臓病、腎臓病、糖尿病、結核、性感染症、ぜんそく、アレルギー疾患、その他
  12. 今までに次の病気にかかったか、あるいは現在治療中ですか。
    B型肝炎、がん(悪性腫瘍)、血液疾患、心臓病、脳卒中、てんかん
  13. 今までに次の病気にかかったことがありますか。
    C型肝炎、梅毒、マラリア、バベシア症、シャーガス病、リーシュマニア症、アフリカトリパノソーマ症
  14. 海外から帰国(入国)して4週間以内ですか。
  15. 1年以内に外国(ヨーロッパ・米国・カナダ以外)に滞在しましたか。
  16. 4年以内に外国(ヨーロッパ・米国・カナダ以外)に1年以上滞在しましたか。
  17. 英国に1980年(昭和55年)~1996年(平成8年)の間に通算1ヵ月以上滞在しましたか。
  18. ヨーロッパ(英国も含む)・サウジアラビアに1980年以降、通算6ヵ月以上滞在しましたか。
  19. エイズ感染が不安で、エイズ検査を受けるための献血ですか。
  20. 6ヵ月以内に次のいずれかに該当することがありましたか。
    (1)不特定の異性または新たな異性との性的接触があった。
    (2)男性どうしの性的接触があった。
    (3)麻薬・覚せい剤を使用した。
    (4)エイズ検査(HIV 検査)の結果が陽性だった(6ヵ月以前も含む)。
    (5)上記(1)~(4)に該当する人と性的接触をもった。
  21. 今までに輸血(自己血を除く)や臓器の移植を受けたことがありますか。
  22. 今までに次のいずれかに該当することがありますか。
    (1)クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)または類縁疾患と診断された。
    (2)血縁者にCJDまたは類縁疾患と診断された人がいる。
    (3)ヒト由来成長ホルモンの注射を受けた。
    (4)角膜移植を受けた。
    (5)硬膜移植を伴う脳神経外科手術を受けた。
  23. 現在妊娠中または授乳中ですか。
    この6ヵ月以内に出産、流産をしましたか。

【成分採血の質問事項】

(A) 心電図検査関連 心臓に関することで次のいずれかに該当することがありますか。
  1. 健康診断などで異常を指摘されたことがある。
  2. 理由もなく立ちくらみまたは卒倒することがある。
  3. 胸部とくに心臓に痛みや圧迫を感じることがある。
  4. 脈が不規則に打つことがある。
  5. 時々強い動悸がすることがある。
  6. 坂道や階段の昇降に他の人より早く息切れすることがある。
(B) 尿検査関連 じん(腎)蔵、尿に関することで次のいずれかに該当することがありますか。
  1. いつも喉が渇いている、尿量が多い。
  2. 糖尿病、腎臓病にかかったことがある。
  3. 健康診断などで異常を指摘されたことがある。
(C)出血凝固検査関連 出血傾向に関することで次のいずれかに該当することがありますか。
  1. けがをすると、血が止まりにくいことがある。
  2. 歯ぐきの出血や鼻血が時々あり、止まりにくいことがある。
  3. 健康診断などで異常を指摘されたことがある。

ページトップへ戻る