自己血輸血

自己血輸血は、病院内での実施体制が整備されている場合、同種血輸血で起こり得る副作用(GVHD、感染症)を回避できる輸血療法の一つです。

自己血を採取する方法には、貯血法、希釈法、回収法があり、安全な血液を採取するため、また採血される患者の健康のために留意しながら行う必要があります。

日本自己血輸血学会のホームページには、安全に自己血輸血を行うための方法や、各種の自己血の採取方法の利点と欠点等、詳しく紹介されています。

自己血輸血についての詳細はこちら