赤十字事務担当者研修会をオンライン形式で開催しました

5月21日、青森県支部は、県内の福祉事務所や各市町村で日赤の業務を担う職員を対象に「日赤地区分区事務委員等研修会」を開催しました。
2年ぶりの開催となった研修会は、新型コロナウイルスの影響を考慮し、県内の各市町村をオンラインで結び、34の地区分区から41名の職員が参加しました。(オンライン形式での開催は初めて)
研修会に先立ち、神事務局長が挨拶を述べ、赤十字活動を支える「力強い柱」としての協力を呼びかけました。
その後、参加した職員は、支部職員から赤十字に関する講義や事務について説明を受け、赤十字事業に対する理解と知識を深めました。

画像

オンライン形式で開催した研修の様子