Share

ACTION!防災・減災 命のために今うごく

救うを託されている。

防災を学び、備える。

日頃の備えは、災害時に、
自分と大切な人を守ることにつながります。
この機会に、あなたの災害への
備えをチェックしてみませんか。

チェックをつけて詳しく見てみよう

STEP01

おうちの平面図を
書いてみよう。

どこに、何があるかを書き込んだら、避難のことを考えて「窓」「出口」も書いてみましょう。

STEP02

危険な場所に
印をつけよう。

地震が起きたときに、倒れてきそうなものや割れそうなもののような危険と考えられる箇所や家具などに「×」の印をつけてみましょう。

STEP03

家族で話し合い、
対策をしよう。

「×」印をつけたところに、どんな工夫ができるか家族で話し合いましょう。花瓶を高いところに置かないなど、すぐに実践できるものから始めてみましょう。

DOCUMENT

災害時の、
おうちの中の危険性を
マンガでわかりやすく
お伝えしています。
是非ご覧ください。

住んでいる地域を知るためには、自治体などが作成するハザードマップが有効です。ハザードマップから、地域の危険や避難場所、防災関連施設などの情報を入手することが出来ます。なお、危険箇所や避難場所などは、地震や津波、大雨など災害の種類によって変わることがあるので注意が必要です。

いざという時、人間はなかなか逃げるという決断ができません。率先避難者になるためには、身の回りにどんな危険があるのか、どうやって逃げるのか、普段からイメージしておくことが大切です。
ただし、危険な状況が迫っている場合には、
直ちに安全な場所に避難することを優先しましょう。

身を守るための
大切な情報を発信

日本赤十字社は
「#SNS情報レスキュー」
はじめます。

日本赤十字社では、
災害の前後や、
季節の事故が起きそうな時、
身を守るための大切な情報を発信する
「#SNS情報レスキュー」をはじめます。
いざと言う時のために、
日本赤十字社のSNSアカウントを
フォローして備えませんか。

皆さまからのご寄付があるからこそ、
私たち赤十字は、たくさんの命を
救う活動ができています。

いつ災害が起きても、
すぐに現場に駆けつけられること。
医療や看護の支援ができること。
これも、皆さまのご寄付のおかげで、
日々の訓練が行えるからです。

これからも、たくさんのいのちを救うために、
あなたの力を、貸してください。

皆様からのご支援で救われた方々

ありがとうの声

あたたかい言葉と食事は
元気の源です

令和元年台風19号災害時の長野県内の
避難所にて

厳しい寒さの中、朝から晩まで泥の掻き出しや家財の洗浄にあたって、ようやく避難所に赤十字奉仕団がふるまう炊き出しを取りに来られた男性。
「みなさんの心のこもった言葉と食事。一緒に頑張ってくれているんだと嬉しくなりました!」と笑顔を見せてくれました。

熊本地震で自宅が全壊。
見つけた自分の居場所

熊本県阿蘇郡西原村 奥野 美樹 さん

避難所生活で辛かったのは、自分の居場所がなかったことです。安らげる場所がありませんでした。7歳、2歳、7ヶ月の3人の子どもたちも震災後、親の側を離れられなくなるなど不安定になりました。ですから、「子育て広場(日本赤十字社が支援した“からいも広場”)」は嬉しかったですね。日赤の看護師さんに子どもたちのことを相談できましたし、ママ友とも再会でき、自分の居場所ができたと思いました。

救うを託していただいた方々

寄付した人の声

こんな時だから、誰かのためにという「流れ」を作り出したい

会社経営  相沢 正雄さん

私は伊勢崎市に住む、ペルー生まれの日系3世です。外国人が日本で安心して暮らせるサポートを行う会社を立ち上げ、5周年を迎えた時にコロナはやってきました。業績は苦しかったけれど、こんな時こそ多くの人に「人のためになる」流れに乗ってもらいたいと考え、寄付先を探しました。赤十字はペルーにもあり、外国籍の仲間に相談したら「レッドクロスなら賛成!」と納得し、寄付しました。

赤十字を通して地域の役に立てたら…背伸びせず、自分らしく寄付を続けたい

会社員 中野 ゆうりさん

私は会社の労働組合(青年部)に所属し、ボランティア活動の一環の寄付先を、九州の台風や豪雨災害に対する義援金として日赤に託しました。災害時に真っ先に駆け付けてくれる日赤を通して、間接的にでも地域の役に立てればという思いでした。また、今年から赤十字会員になることを決めました。これからも自分らしく自然体でボランティア活動や赤十字とのお付き合いを続けていきたいです。

寄付するあなたも赤十字です

日本赤十字社への寄付の方法

インターネットでの寄付

クレジットカード

Webサイトからの登録により、クレジットカードでご寄付いただけます。ご寄付の方法は、毎年・毎月・今回のみの3種類からお選びいただけます。

クレジットカードで
寄付をする

Yahoo!ネット募金

Yahoo!にログインしていれば、登録しているクレジットカードやお手持ちのポイントからご寄付いただけます。

Yahoo!ネット募
金で寄付をする

Amazon Pay

Amazonアカウントにログインしていれば、登録しているクレジットカードからのご寄付が可能です。

Amazon Payで
寄付をする

Tポイント

余ったTポイントを使って、1ポイントからでもご寄付いただけます。

Tポイントで
寄付する

コンビニ

コンビニエンスストアにある情報端末(ローソン「Loppi募金」、ファミリーマート「マルチコピー機募金受付サービス」)から、ご寄付いただけます。

コンビニからの
寄付の詳細

J-Coin Pay
「ぽちっと募金」

みずほ銀行や全国90以上の金融機関で口座をお持ちの方は、スマホ・決済アプリ『J-Coin Pay「ぽちっと募金」』からご寄付いただけます。

J-Coin Pay
「ぽちっと募金」で
寄付する

他のやり方でも
ご寄付いただけます。

郵便局・銀行の口座振替
ご希望の口座から自動引落でご寄付いただけます。お申し込みには「会員加入申込書」をお送りください。お引き落としは毎年・毎月からお選びいただけます。
郵便局・銀行の窓口
日本赤十字社では郵便局(ゆうちょ銀行)や銀行などで寄付専用口座を開設しております。
お近くの日本赤十字社窓口
お住まいの都道府県にある全国47箇所の日本赤十字社支部窓口でもご寄付を受け付けております。

カードのポイントでもご寄付ができます

クレジットカードでの買い物や、各種サービスでカードに付与されるさまざまなポイントを利用して、ご寄付いただけます。

対象のカード一覧はこちらから

税制上の優遇措置

日本赤十字社へのご寄付は確定申告することで個人の所得税や、企業の法人税の優遇措置を受けられます。

税制上の優遇措置の詳細についてはこちらから

日本赤十字社の
活動を知る

救護訓練、物資の整備、人材育成など、災害時に備えて日本赤十字社も活動しています。

活動の発信

Menu Close
救うを託されている。 防災について学んで備えよう 日本赤十字社は「#SNS情報レスキュー」はじめます。 ご寄付 日本赤十字社の活動を知る