青少年赤十字リーダーシップ・チャレンジ研修会を開催しました

令和381日(日)、青少年赤十字リーダーシップ・チャレンジ研修会を開催しました。

日本赤十字社三重県支部では、例年、小学生から高校生を対象に青少年赤十字リーダーシップ・トレーニングセンター(通称:トレセン)を開催しています。

今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で小学校・中学校の部は中止となりましたが、高校生の部については上記のとおり名前を変え、日帰りで北部の高校は鈴鹿青少年センターへ、南部の高校は県立木本高校に集まり、会場をネットで繋いで行いました。

午前は赤十字や青少年赤十字について学び、昼食はハイゼックス袋を利用した炊き出しを行い、カレーと一緒にいただきました。

午後からの研修では、貿易ゲームを行いました。これは、財力・資源・技術の違う国(グループ)づくりを通して、国・地域間の格差の解決に向けて、国際協力や私たち一人ひとりの行動のあり方について感じたことや意見を交わしました。

最後にワークショップを行いました。JRCメンバーとしてコロナの現状をふまえて「今、わたしたちにできること」を考え、各校に持ち帰って具体的にどんな実践をするかを考え、まとめました。

約1年ぶりの対面交流となり、はじめは緊張気味の生徒たちでしたが、アイスブレイクや活動を通して交流を深めました。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、当日まで開催できるか不安がありましたが、準備・参加いただいた指導者の先生方、生徒の皆さんをはじめ、お手伝いにかけつけてくださった賛助奉仕団や青年奉仕団の皆さんのおかげで無事終えることが出来ました。

本当にありがとうございました。

20210804-b63563618655b744582ed4a285d8f141585f3248.png

line_207887014141007.jpg

DSC_0281.JPG

DSC_0320.JPG

DSC_1035.JPG

20210804-dcf5ecd778ea4dad3cdb1af39df01dcf987de05d.JPG