新型コロナウイルスから いのちを守る ために

新型コロナウイルスによる感染症は、世界中で感染の拡大が続いています。多くの方が隔離や自宅待機を経験し、大変な思いをしています。
感染拡大を防ぐための、困難な時期を乗り切るための一助として是非お役立てください。

知っておいて欲しいこと

この感染症は、"3つの顔"を持っており、これらが"負のスパイラル"として繋がることで、更なる感染の拡大につながっています。COVID19_3tsunokao.png

「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!」についての動画はこちら

「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!」についての資料はこちら

「感染症流行期にこころの健康を保つために」シリーズ紹介

新型コロナウイルスによる感染症は、世界中で感染の拡大が続いています。このような状況の中で、多くの方が初めての隔離や自宅待機を経験し、大変な思いをしていたり、その方を支える家族・友人・職場の方もどのように接したらよいか、迷われたりすることも少なくありません。

また、高齢者や基礎疾患をお持ちの方とその家族の方も、連日のニュースで不安な気持ちを抱かれているかもしれません。

この度、日本赤十字社では国際赤十字と協力し、みなさまの「こころの健康」を保つヒントとなるサポートガイドを作成しました。困難な時期を乗り切るための一助として是非お役立てください。

COVID19_kokonorokenkou.png

1.「隔離や自宅待機により行動が制限されている方々へ」についての資料はこちら

2.「隔離や自宅待機されている方の周りにいるあなたへ」についての資料はこちら

3.「高齢者や基礎疾患のある方、ご家族の方へ」についての資料はこちら

新型コロナウイルス感染症対応に従事されている方の心の健康を維持するために

新型コロナウイルスによる感染症は、世界中で感染の拡大が続いている状況であり、感染症対応に従事されている方々やその家族の方々においては「3つの感染症リスク」にさらされることにより、こころの健康を損なう恐れがあります。

このリスクに対応し、こころの健康を維持するためには、身近な人同士で互いに助け合い、組織としてサポートすることが重要であることから、この度、日本赤十字社では、これらの状況を踏まえ「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応する職員のためのサポートガイド」を策定いたしました。

本サポートガイドは、日本赤十字社職員向けに作成したものでありますが、今般の感染症対応に同様に従事されている方々等にもお役立ていただける内容となっておりますので、困難な時期を乗り切るための一助としてご活用いただければ幸いです。

COVID19_jyujisya-suport.png

「新型コロナウイルス感染症対応に従事されている方の心の健康を維持するために」についての資料はこちら

新型コロナウイルス感染症対応に従事されている方のこころの健康を維持するために -Vol.2-

新型コロナウイルス感染症対応に従事されている方々やその家族の方々がこころの健康を維持するためには、身近な人同士で互いに助け合い、組織としてサポートすることが重要であることから、日本赤十字社では、これらの状況を踏まえ「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応する職員のためのサポートガイド」を策定し、2020年3月30日に公開いたしました。

その後、各地に感染が拡がり、実際に対処した病院ではこれまでにない苦労を経験し工夫をこらしてきました。今後、誰もが当事者として巻き込まれる懸念があり、すでに対応した病院の経験知を共有することは今後の備えになると考えられるため、この度、「経験知の共有」と題しサポートガイドVol.2を策定しました。

前回と同様、本ガイドは日本赤十字社職員向けに作成したものでありますが、今般の感染症対応に同様に従事されている方々等にもお役立ていただける内容となっておりますので、困難な時期を乗り切るための一助としてご活用いただければ幸いです。

COVID-19_03-2.jpg

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応する職員のためのサポートガイド Vol.2-経験値の共有-

3‐①.デイリーミーティングのススメ

3‐②.職員や家族などの不安や悩みへの対応

3‐③.もしもスタッフが感染したら?院内感染が発生したら?

4.職員を守るための組織づくりのヒント

5.組織の一体感を高めるためのヒント

家でできること

講習でお伝えしている知識・技術を学べます。COVID19_webcross.png

災害を知る・備える

学校教育で取り入れている赤十字の防災・減災学習です。COVID19_gensai.png

新型コロナウイルス感染症への対応