青少年赤十字広島県小学校リーダーシップ・トレーニング・センターを開催

自分で☆みんなで☆JRCアクションプランDAY

 8月4日(水)、小学校を対象としたオンライン型のリーダーシップ・トレーニング・センターを初開催しました。
 リーダーシップ・トレーニング・センター(以下、トレセン)は、全国の都道府県で開催されている青少年赤十字の教育プログラムの一つです。青少年赤十字メンバーはここで、赤十字や青少年赤十字に関する知識や理解を深め、体験を通じてリーダーとして必要な自主・自律の精神を身につけ、普段の学校生活にも前向きに取り組めるような力を養います。

従来のトレセンは、2泊3日の宿泊型にて実施していますが、今年度は新型コロナウイルス感染症まん延禍であるため、全国初の試みとなるオンライン型の単日開催として実施しました。県内JRC加盟校からは、熊野第一小学校、熊野第四小学校、筒賀小学校の3校23名の児童が参加しました。

20210819-8f019e79db3476f52a48a957efd0828f9f34131c.png

 当日のプログラムでは、クイズを出したり、身体を動かす時間を作ったり、児童たちが楽しく参加できるような工夫をし、児童も積極的に参加しました。

20210818-cd27b5c3df704a6d054770bd7f8b78590c4206f3.png        積極的に発言する児童

20210818-9153820d00ffe3f92ddff091d727660e3d03ac14.jpg        協力し合いながら応急手当を実践する児童

20210818-eccaba8420bef30c8e2a43213da29ee8debab11f.jpg        カメラを通して指導する救急法指導員

20210818-6e486d7c591a2b92843330e8eed189cad17c02b4.png        筒賀小学校のJRC活動事例紹介

20210818-149e163f4d5aa3650f6b1f839c80b44b38a122f7.jpg        自分たちができるJRC活動を話し合う児童

20210825-e53526369b8a26cbd1f8da1a1dd66d787a51ec10.png        児童・指導者・支部職員、みんなで集合写真

 初めてのオンライン開催ということもあり、児童・指導者共々はじめこそ不安と緊張の面持ちでしたが、プログラムを通し各児童の積極的な参加姿勢によって、学校・学年・場所を超えて絆が生まれ、最後には一人一人がリーダーシップについての理解を深めていくことができました。

トレセンに参加して(アンケート結果)

 開催後のアンケート調査では、93%の児童から「トレセンの参加を自分の兄弟や友達におすすめしたい」との回答、また100%の児童から「これからも気づき、考え、実行する生活を続けていきたい」と回答がありました。

20210819-fa87d0e75fedd646bb69048f7784024f165211ab.png

青少年赤十字への加盟

 このような教育プログラムの他に、青少年赤十字では、園児・児童・生徒が赤十字の精神に基づき、いのちと健康を大切に、地域社会や世界のために奉仕し、世界の人びととの友好親善の精神を育成することを目的として、さまざまな活動を園や学校教育の中で展開しています。当支部では、青少年赤十字加盟校を随時募集しています。

 詳しくはこちらからご確認ください。