【動画】「浮き具の代わりになる物 ペットボトル」のご紹介

浮き具の代わりになる物を活用した救助方法

ペットボトル、バッグ(ランドセル)、サッカーボールなど...

溺れている人の救助は二次事故の防止が大切です。救助するときは、原則として水に入ってはいけません。すぐに119番通報と協力者を要請し、複数人で、水中に入らず陸上から、救助棒などの道具を用いて安全に救助します。
また、身の周りにある浮き具の代わりになる物を知っておくことで、溺れている人がより長く浮き続ける助けになります。
身の回りにある浮力の得られるものの一つとして「ペットボトル」をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

20210817-1cec2e418440f806057bea38754c4c1ad1e567dd.png

20210813-4b9d1cf80e4d91c11600e232fe66d4a080cb5232.png

20210817-4c0ec47e9db23133225a2e11928d215c1126b03f.png

<画像をクリックすると動画を視聴できます>

水の事故防止の動画のご紹介

その他にも水の事故防止の動画を配信しています。ぜひ併せてご覧ください。

水の事故からいのちを守るために~安全に楽しむ海や川の水遊び~

【動画】「家の中の水が危ない!"子どもの身近にある水が事故につながる"」のご紹介

【動画】「水の事故から大切ないのちを守ろう!救助棒(ホース付)を使った救助の方法」のご紹介

【動画】「水の事故から大切ないのちを守ろう!救助棒(ホース付)の作り方」のご紹介

【動画】「いざというときに役立つ"着衣泳(浮き身)"」のご紹介