大阪府支部 下副田 淳一

先輩紹介 vol.8

大阪府支部 下副田主事①.JPG (2カラム画像(枠あり):282x184px)

下副田 淳一

大阪府支部 青少年・ボランティア課

2012年入社

2012年

大阪府支部 赤十字社員課

2014年

大阪府支部 青少年・ボランティア課

赤十字との出会いはいつ?

高校生の時、何気なく献血したことが赤十字との出会いでしたが、あまり意識していませんでした。

赤十字への就職を希望したきっかけは、東日本大震災でした。当時、就職活動をしていた私は、『人間を救うのは、人間だ。』のメッセージさながらに被災地で救護活動に取り組む赤十字の姿を、メディアなどでよく目にしていました。そして、「自分も赤十字の一員となって、誰かの力になりたい」と思い、採用試験に臨みました。

現在の仕事は

赤十字に所属するボランティアの方がたは、赤十字活動を支えてくださる屋台骨であり、さまざまな分野で日々ご活躍くださっています。

私の仕事は、そんな赤十字ボランティアの活動をサポートすることです。具体的には、登録管理や活動の連絡・調整、各種研修会の実施などです。ボランティアの方がたが活動しやすい環境を整え、よりよい活動をつくっていく仕事にやりがいを感じています。

ある1日の仕事の流れ

7:00 起床 新聞を読み最新の情報を集める。準備をして出勤
通勤時間は70分程度
8:40 出社
メールチェックと今日すべき業務内容の確認
9:00 課内ミーティング
上司と週末の赤十字ボランティア・フェスティバルに向けて最終調整
10:30 資料作成
フェスティバル資料の内容を微調整し印刷
12:15 昼食
同期職員と近くのラーメン屋へ!
13:00 資材集積
フェスティバルで使用する資材を確認し集積
15:00 ボランティアの方々とミーティング
当日の流れなどを実行委員(ボランティア)と最終確認
17:00 資材積み込み
ボランティアの方がたと集積した資材をトラックへ積み込み
19:00 退社
学生時代の友人と飲み会に!
23:00 帰宅
テレビでニュースを見ながらのんびり
24:00 就寝

仕事をする上で、意識していることは?

大阪府支部 下副田主事③.JPG (2カラム画像(枠あり):282x184px)

赤十字ボランティアは、活動に情熱を持っているだけでなく赤十字への理解がとても深い方ばかりです。

私は、そんなボランティアの方がたに対して感謝の気持ちを持つこと、”赤十字”に対する情熱で負けないことの二点をいつも意識しています。

時には意見の違いから議論になることもありますが、”赤十字愛”という共通意識を持って一緒に活動できることは、職員としてとても幸せであると感じています。

今後の目標

『わたしたちは、苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、いかなる状況下でも、人間のいのちと健康、尊厳を守ります』

この壮大な使命を果たすため、赤十字は全力で活動しています。

仕事をする上で、当然多くの壁もありますが、赤十字を支えてくださる方がたの温かい善意に励まされ、前進していける魅力ある組織です。

赤十字の使命に共感し、強い思いを抱いてくれる皆さんとともに活動できる日を楽しみにしています!