救護・福祉部  平林 純子

先輩紹介 vol.3

jpgのサムネイル画像

平林 純子

救護・福祉部 健康安全課

2013年入社

教育学部人間社会科学科卒

2013年

本社 救護・福祉部 健康安全課

現在に至る

赤十字への志望理由は

当初、一般企業への就職を考えていた私の転機となったのが、大学で開催された合同企業説明会で日本赤十字社のブースを訪れたことです。

長い歴史のある赤十字ですが、「人道」という普遍的な原則の下、時代のニーズに対応した事業や効果的な広報を追及する「不易流行」な姿勢に惹かれ、就職を志望しました。

思い返せば、実家の近くに赤十字病院があったこと、献血を定期的にしていたことなど、以前から接点が多くあったことも、決め手の一つになったと思います。

現在の仕事は

「救急法等の講習」事業を担う部署で、講習会のプログラム企画や事業広報のほか、海外の姉妹赤十字社に対する講習普及支援も行っています。他企業・団体とタイアップも行っており、さらなる講習普及を目指します。

仕事をしていて、大変なところは

講習の内容に関する知識を必要とされる部署であり、外部から問い合わせを受けた際に、すぐに答えられないことがあることです。経緯や現状を調べると「なるほど」と感心してしまうこともしばしば。毎日が勉強だと思って、取り組んでいます。

その反面、それぞれの思いを持ってご協力いただくボランティア指導員さんたちの活動のお手伝いができることは、私の喜びであり、やりがいですね。

メッセージ

講習風~1.JPG (2カラム画像(枠あり):282x184px)

「社会人になる=自分を変えるチャンス」だと、私は思っています。

仕事をしていれば、うれしいことも、落ち込むことも当然あります。

しかし、そんなときこそ、悲観的にならず、自分を変えるチャンスだと思って困難に立ち向かう気持ちや姿勢を皆さんには持ち続けてほしいですね。