赤十字NEWS10月号プレゼント

【「赤十字を応援!」 プレゼント】 日頃から赤十字を応援してくださっている著名人の方、パートナー企業からの応援メッセージと、プレゼント紹介です!ご応募は一番下のURLをクリックして必要事項をご入力ください。

中村憲剛 選手サイン入りユニホーム or よつ葉の乳製品・乳飲料詰め合わせセット

《A》中村憲剛 選手(川崎フロンターレ)サイン入りユニホーム

【 サッカーができる状況に感謝し、僕らのプレーで勇気と笑顔を届けます! 】

今年はコロナ禍の影響で残念ながらスポーツをはじめ、多くのイベントが中止や延期となっています。「サッカーができる」状況が、当たり前ではないことを実感し、関わるすべての方々へ向け、改めて感謝の気持ちを強くもつようになりました。僕が所属する川崎フロンターレのホームゲームでは、毎年「噂うわさの献血SHOW」という献血推進イベントを実施しています。選手たちも試合後に「けんけつちゃん」のカチューシャを着用するなど楽しくPRに協力させていただいています。今も僕たちが献血を応援する気持ちに変わりはありません。川崎市内の献血ルームではフロンターレのキャンペーンも実施中ですので、ぜひ献血にご協力ください! 応援してくれている子どもたちのためにも、僕たちはスタジアムで精いっぱいプレーします。このようなときだからこそ、川崎フロンターレから勇気と笑顔を届けます。

なかむら・けんご◎1980年10月31日生まれ。東京都出身、O型。小学校時代よりサッカーをはじめ、2003年に川崎フロンターレに加入。Jリーグ優秀選手賞15回受賞、Jリーグベストイレブン8回選出など活躍。2016年にはJリーグ最優秀選手賞に輝く。ポジションはMF。日本代表通算68試合出場/ 6得点。

《B》よつ葉の乳製品・乳飲料詰め合わせセット

※写真はイメージです。また、商品デザインが変わる可能性があります。

【 災害救援車の寄贈を続けて23年、社会貢献に積極的な北海道の乳業メーカー 】

「北海道のおいしさを、まっすぐ。」というコーポレートスローガンのもと、北海道の酪農家と全国のお客様を結ぶ架け橋として半世紀以上にわたりおいしさと安全にこだわった商品を展開する、よつ葉乳業。北海道に根ざす企業として地元の各種プロスポーツへの支援や、苫小牧市にある札幌ドーム3.5倍の面積の社有林「よつ葉の森」で樹木が豊かに育つように草刈りをするなど、社員ボランティアによる環境保全活動にも積極的に取り組んでいます。
 同社は、北海道南西沖地震(1993年)や阪神・淡路大震災(1995年)など多くの人命に関わる災害が発生したことを受け、災害対策強化の必要性を重く受け止め、1997年の創立30周年記念事業では、災害救援車「博愛号」を8台、日赤北海道支部へ寄贈しました。以降、毎年寄贈を続け、「博愛号」は2018年9月に発生した北海道胆振東部地震でも被害調査や救援物資の運搬などに活躍しました。よつ葉乳業の社会貢献への思いは日赤を通じて形になっています。

日赤北海道支部への災害救援車寄贈は累計30台を数える