【バングラデシュ南部避難民救援※ 】医療チームの帰国報告(第2班)

緊迫の難民最前線から帰国
日赤医療チーム第2班の最新報告

バングラデシュでは隣国ミャンマーからの避難民が今年8月25日からの3カ月で62万人以上にのぼり(11月25日現在・国連発表)、現地ではいまだ水や食料、住む場所などが不足。医療機関や公的サービスは逼迫した状態が続いています。

日本赤十字社(以下、日赤)は、国際赤十字の要請に基づき、医師・看護師・事務職員などからなる医療チームを9月22日から派遣し、地元の赤十字社と協働で巡回診療やこころのケアを継続。診療開始から2カ月で、診察患者数はのべ1万人を超えました。現在、基幹診療所の開設も進めています。

このたび、現地で約6週間活動した日赤医療チーム第2班が帰国し、現地の状況や赤十字の支援活動について報告いたします。是非ご取材くださいますようお願いいたします。

※国際赤十字では、政治的・民族的背景および避難されている方々の多様性に配慮し、『ロヒンギャ』という表現を使用しないこととしています。

~日赤医療チーム第2班・帰国報告会~

日 時: 平成29年12月1日(金) 15:30~17:00(開場は15:15)

会 場: 日本赤十字社・本社 1F 正面玄関ホール(東京都港区芝大門1-1-3)

報告者: 派遣要員11人
(1) 杉本憲治(すぎもとけんじ)名古屋第二赤十字病院(医師)
(2) 大谷香織(おおたにかおり)日本赤十字社和歌山医療センター(看護師)
(3) 藤田了子(ふじたりょうこ)伊勢赤十字病院(看護師)
(4) 上岡文(かみおかあや)北見赤十字病院(看護師)
(5) 中島久元(なかしまひさもと)京都第二赤十字病院(こころのケア担当)
(6) 河合謙佑(かわいけんすけ) 大阪赤十字病院(事務管理)
(7) 嘉成義彰(かなりよしあき)大阪府支部(事務管理)
(8) 富田真玄(とみたしんげん)熊本赤十字病院(事務管理)
(9) 青木裕貴(あおきゆうき)日本赤十字社国際部(事務管理)
(10) 石原健志(いしはらたけし)大阪赤十字病院(技術要員)
(11) 坂井宏一(さかいひろかず)熊本赤十字病院(技術要員)

派遣期間:平成29年10月20日(金)~11月29日(木)約6週間