あなたは大切な人のいのちを守れますか?~心肺蘇生とAED~「一次救命処置」の内容が変わります

日本赤十字社は、新たな内容の「一次救命処置」の講習を
7月1日から全国で一斉に開始します!

「一次救命処置」は、心肺蘇生(胸骨圧迫と人工呼吸)やAEDを用いた電気ショックなど、心停止の方の命を救う緊急の手当。その内容は、科学的知見などに基づく「JRC蘇生ガイドライン」(監修 日本蘇生協議会)に準拠されています。昨年10月に2015年版の新たなガイドラインが公表されました。

「救急法」や「幼児安全法」講習を実施して、「一時救命処置」の普及に努めている日赤は、対応に向けて準備してきました。7月1日より一般の方にとってより学びやすい内容に変わります。

<新ガイドラインの主な特徴>
 ○心停止の予防に重点
 ○心停止の判断に自信が持てなくても、ただちに手当を開始すべきことなどの強調
 ○乳幼児の一次救命処置の手順が成人と共通に

「一次救命処置」は日赤ホームページの動画でも学べます!
http://www.jrc.or.jp/activity/study/safety/(7月1日公開)
一次救命処置バナー(BLS動画トップ画像)大.jpg

多くの方に新しい内容の「一次救命処置」をお伝えし、救うことのできる命が失われることのないよう、メディアの皆さまの報道のご協力をお願いいたします。日本では毎年約7万人が突然の心停止で死亡しています。

お問い合わせ:日本赤十字社 平林ひらばやし渡部わたなべ(健康安全課)
電話:03-3437-7085