「NHK海外たすけあい」募金キャンペーン12月1日~25日~若者をターゲットに、ユースボランティアが活躍中!~

日本赤十字社(以下、日赤)は、紛争や災害、病気で苦しむ海外の人びとを支援するための「NHK海外たすけあい」募金キャンペーン(12月1日~25日)を開始します。

33回目となる今年は、新企画として若者をターゲットとした活動を展開。大学生のユースボランティアがSNSなどを活用し、協力者を増やします。

また、日赤本社(東京都港区)や全国各地でキャンペーンに関するさまざまなイベントを展開し、全国的に盛り上げます。日赤本社にて下記3つのイベントをご取材いただけます。

少しでも多くの海外で苦しんでいる人を救うためには、まず、現状を知ってもらうことから始めたい。ぜひ、ご取材ください。

Instagram #ハートキャンペーン実施

ユースボランティアのSNS企画で、「たすけあいのハート写真とメッセージ」をインスタグラム上で集めるもの。参加を通して、海外たすけあいや赤十字の国際活動への興味を持っていただくことが目的。募金最終日の25日には、お楽しみが待っています!

未来のトモダチへ ~クリスマスリース ワークショップ~(12月12日)

フラワーアーティストの塚田有一氏を講師にクリスマスリースを作成。世界の子どもたちについてのトークセッションを行います。完成したリースは、12月15日に日赤が運営する児童養護施設「赤十字子供の家」に届けます。

ドネーションデザイン展(12月1日~25日)&トークイベント(12月15日)

若手建築家が寄付の新しい形として、「ドネーションデザイン」を提案する展覧会を開催します。寄付にはお金や物資などがありますが、“デザイン”を通じた寄付という新しい仕組みづくりについて一緒に考えてみませんか?