【台湾での音楽イベント会場爆発事故】 グンゼ株式会社から「人工皮膚」の寄贈

去る6 月27 日(土)に台湾・台北郊外の新北市の音楽イベント会場での爆発事故。重度のやけどのため現在もICU で治療を受けている患者さんのため、グンゼ株式会社のご厚意により、日本赤十字社に「人工皮膚」をご寄贈いただきました。

この「人工皮膚」は、爆発事故のための治療を必要とするかたがたのために役立てられます。
寄贈いただいた人工皮膚は、12 日(日)朝に台北に到着。すでに、16 の病院に配布され手術が行われています。


1.支援物資の概要
(1) 支援物資:真皮欠損用グラフト(一般名称:人工皮膚)
商品名「ペルナック®」 ※日本製


(2) 数 量:500枚程度(4.7㎡)(2,300万円相当)
約10~30人の処置に役立てられます。


2.その他
日本赤十字社は、台湾赤十字に日本製の「人工皮膚」(1億円相当)を7月5日に寄贈しており、
7病院で手術に使用されています。