5月1日から「赤十字運動月間」スタート

日本赤十字社は、赤十字活動へのご理解・ご協力を呼びかけるキャンペーン「赤十字運動月間」を5月1日から実施します。 

日本赤十字社は、赤十字の創始者アンリー・デュナンの誕生日である5月8日が、世界189の国や地域で赤十字活動への理解と参加を呼びかける「世界赤十字デー」であること、5月1日が日赤の創立記念日であることから、5月を「赤十字運動月間」とし、活動を支えてくださる「社員(会員)」の募集を強化するキャンペーンを実施します。

皆さまからお寄せいただく赤十字活動資金は、首都直下地震・南海トラフ大地震などに備えての救援物資の備蓄や災害救護訓練の実施、救急法等の講習など、苦しむ人を救うための赤十字事業に使わせていただきます。 

今年は、赤十字活動資金へのご協力を呼びかけるため、3本のショートムービーを制作。さまざまな視点から、誰もが持つ優しい気持ちこそが赤十字活動の原点であることを伝えています。

「苦しんでいる人を救いたい」という想いを、私たち日赤に託してください。

報道機関の皆さまには、周知のご協力をいただきたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

Cross Now!キャンペーン始動

ショートムービー3本を制作、キャンペーンサイトにて展開。

キャンペーンサイト

グッとくる Cross Now! MOVIE

赤十字の原点である「苦しんでいる人をなんとかしたい」という想いは、誰の心の中にもあります。このことをより多くの人に気づいてもらうため、ショートムービーを3本制作しました。

  1. いいことできるかな
    子どもたちが教えてくれる、”ちょっと”の勇気の大切さ。
  2. 手のチカラ
    人は支えられて生きていることを再確認。
  3. 500円 in バングラデシュ
    みんなの知らない事実で、まずは知ることの大切さをアピール。

ショートムービーを通して赤十字を身近に感じてもらい、より多くの方々に活動資金へのご協力を呼びかけます。

Cross Now! MEMBERS

赤十字の活動は、個人の意思の集結により成り立っています。各界で活躍をする著名人の皆さまにもご賛同いただき、随時特設キャンペーンサイトに更新していきます。

展開メディア

新聞 日本経済新聞 5/1 実施
読売新聞 5/1 実施
朝日新聞 5/8 実施
交通 JR東日本 電車内ビジョン広告 5/4~5/10 実施
山手線、中央線、京浜東北・根岸線、京葉線、埼京線、横浜線、南武線

JR西日本 電車内ビジョン広告 5/4~5/10 実施
東海道本線、山陽本線、湖西線、草津線、福知山線、大阪環状線、関西空港線、阪和線、大和路線、おおさか東線、きのくに線
Web 随時Youtube、Facebook、 Twitterにて動画広告展開予定

※ポスターなどのビジュアルの使用に際しましては、データを個別にご案内いたします。お気軽にお問い合わせください。