過去の献血血液に対してシャーガス病の抗体検査を行います

日本赤十字社は、主に中南米で発生している感染症「シャーガス病」(※)の輸血感染を防ぐために、平成24年10月15日より、中南米諸国に居住または渡航された等の一定の条件に該当された方については、その献血血液を輸血には使用せず、血漿分画製剤用の原料として使用しています。

この度、平成26年6月に開催された厚生労働省の薬事・食品衛生審議会血液事業部会安全技術調査会での審議に基づき、平成24年10月15日より以前の献血血液についても、下記条件にすべて合致される方の保管検体を検査し、陽性と判定された場合には、輸血を受けた患者さんの健康状態を確認するため、当該血液の供給先である医療機関へ情報提供することとしましたので、お知らせいたします。

なお、陽性と判定された献血者に対しては、通知を予定しています。

シャーガス病抗体検査の実施対象の条件

次の(1)~(3)のすべての条件に該当される方の保管検体が対象になります。

  1. 平成16年1月1日~平成24年10月14日に献血された方
  2. 問診時に中南米諸国に居住または渡航歴を申告された方
    (メキシコを含む中南米諸国、但しカリブ海諸国を除く)
  3. 血小板成分献血された方
    (平成16年1月~10月の間に、全血献血された方の一部も含まれます)

陽性となった献血者への検査結果の通知

この検査によって陽性と判定された献血者には、平成27年10月以降、順次通知させていただく予定です。なお、「知らないでいる権利」を尊重し、陽性通知の辞退を希望される場合は、平成27年9月末までに「日本赤十字社ホームページ」や献血会場などでお申し出していただくこととしています。

※シャーガス病とは、ブラジルなど中南米諸国で流行している原虫トリパノソーマ・クルージによる感染症(中南米に生息するカメムシの仲間「サシガメ」が媒介)で、感染急性期には発熱、肝脾腫大などが見られるが、その後、10年から20年の長い潜伏期の後、10~30%の患者が心疾患(不整脈、心肥大等)、消化器疾患(巨大結腸など)を発症する。