【首都直下地震・南海トラフ地震等対策】日赤と海上保安庁が大災害発生時の相互協力協定を締結

日本赤十字社(東京都港区)は、首都直下地震、南海トラフ地震など大規模災害発生時に、被災者の救護に万全を期すため、海上保安庁と相互業務協力協定を締結します。

本相互協力協定は、これまで培ってきた大災害発生時の協力関係をさらに強化し、お互いの持つ強みをより効果的に発揮していくものです。この協定の締結により、日赤は救護班による医療救護活動、海上保安庁は船艇及び航空機による機動力の高さ等を生かし、一人でも多くの命を救う体制を全国で整備します。

この協定の調印式を下記のとおり実施しますので、報道機関の皆様におかれましては、お忙しい中とは存じますがご取材のほど、よろしくお願いいたします。

【 調印式概要 】

1 協定名: 海上保安庁と日本赤十字社との業務協力に関する協定

2 日時:  平成27年3月6日(金)16:15~16:45

3 場所:  中央合同庁舎3号館11階 海上保安庁会議室

4 締結者: 日本赤十字社社長 近衞 忠煇

       海上保安庁 長官 佐藤 雄二

5 協定概要:

 (1)災害発生時における連絡体制の確立及び情報共有

 (2)応急救護活動及びトリアージの実施における協力

 (3)船艇及び航空機を使用した日赤救護班等の輸送、傷病者等の搬送活動における協力

 (4)その他必要とされる活動の実施にかかる協力