阪神・淡路大震災から20年 首都直下地震対策シンポジウムを開催

日本赤十字社は、阪神・淡路大震災の発災から20年となる2015年1月17日、首都直下地震から大切ないのちを守るための知識を多くの方々に知っていただくため、気象庁との共催により「首都直下地震対策シンポジウム」を下記の通り開催します。

日本赤十字社と気象庁は本年2月、「防災教育の普及等の協力に関する協定」を締結。将来起こりうる自然災害の被害軽減を目的に、安全知識の普及啓発・防災教育の推進に向けて協力を進めており、今回のシンポジウムはこの取り組みの一環です。

報道関係の皆様におかれましては、お忙しいところと存じますが、取材方よろしくお願いいたします。

■ 名 称 首都直下地震対策シンポジウム~阪神・淡路大震災から20年、首都直下地震に備えて~

■ 日 時 平成27年1月17日(土)13:30~16:00(開場13:00)

■ 場 所 赤坂区民センター(東京都港区赤坂4-18-13 赤坂コミュニティーぷらざ内)

■ 主 催 日本赤十字社、気象庁、東京管区気象台

■ 後 援 内閣府(防災担当)、総務省消防庁、東京都、港区

■ シンポジウム概要

13:30  開会

13:35 基調講演「阪神・淡路大震災以降の地震対策の取り組みと首都直下地震の想定」                                                             横田 崇 東京管区気象台長・(併任)内閣府政策統括官付

14:40 パネルディスカッション:

       岡本 正  弁護士・中央大学大学院 客員教授

       小林千佳子 東京都 総務局総合防災部 情報統括担当課長

       白土 直樹 日本赤十字社 災害対策企画室 参事

       廣井 悠  名古屋大学減災研究連携センター 准教授

      コーディネーター:

       鈴江 奈々 日本テレビアナウンサー・防災士

※詳細は気象庁ホームページ(http://www.jma.go.jp/)をご覧ください。