フィリピン台風 支援活動報告会開催のご案内~7月16日(水)~

日本赤十字社は、経団連及びジャパン・プラットフォーム(JPF)との共催で、7月16日に「フィリピン台風 支援活動報告会」を経団連会館で開催いたします。是非、ご取材ください。

なお、こちらの「取材申込書」に必要事項を御記入のうえ、7月15日(火)午後4時までにFAXでお申し込みください。

平成25年11月8日にフィリピン中部を直撃した台風30号(英語名:Haiyan)は、広範囲に壊滅的な被害をもたらしました。死者・行方不明者7,806人、総被災者数は人口の約16%にあたる1,600万人に上りました。

日本赤十字社は平成25年11月11日~平成26年2月28日の約3カ月間にわたり、「2013年フィリピン台風救援金」の募集を行い、皆さまから17億1,600万円が寄せられました。 現在、救援金をもとに、被災者の支援活動を行っていますので、今般、活動の報告をさせていただきます。

フィリピン台風 支援活動報告会

1.日時

平成26年7月16日(水)15時~16時30分

2.場所

経団連会館 4階 401号室(〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目3-2)

3.プログラム

(1) 開会 1%クラブ会長 佐藤 正敏
(2) 日本赤十字社による活動報告
国際部 国際救援課長 佐藤 展章
日赤和歌山医療センター感染症内科部長兼国際医療救援部副部長 大津 聡子
(3) ジャパン・プラットフォーム(JPF)による活動報告
JPF事務局長 椎名 規之
JPF参加NGO (調整中)
JPF常任委員、大阪大学大学院人間科学研究科 准教授 石井 正子
(4) 閉会

取材上のお願い

  1. こちらの「取材申込書」に必要事項を御記入のうえ、7月15日(火)午後4時までにFAXでお申し込みください。
  2. カメラマンの方は14:45までに受付をお済ませください。受付で名刺と貴社腕章をご提示ください。
  3. 映像(ムービ・スチール)取材は、指定区域内のみ可とさせていただきます。
  4. ペン取材の方のための椅子を会場にご用意いたします。