「バルカン半島洪水救援金」を受け付けます~平成26年6月9日から3カ月間

ヨーロッパ南東部のバルカン半島で5月中旬から降り続いた記録的な豪雨により、セルビア共和国およびボスニア・ヘルツェゴビナで大洪水が発生し、家屋や道路、鉄道、一部の県が完全に水没するなど両国に甚大な被害をもたらしています。

この事態を受け、日本赤十字社では平成26年6月9日から救援金を受け付けます。お寄せいただいた救援金は、国際赤十字を通じ、セルビア赤十字社およびボスニア・ヘルツェゴビナ赤十字社の救援・復興支援活動に充てられます。

広範囲にわたる洪水や土砂崩れにより、両国で合計57人が亡くなり、セルビアでは人口の22%にあたる160万人以上が、ボスニア・ヘルツェゴビナでは人口の25%にあたる100万人以上が被災し、セルビアでは3万2000人、ボスニア・ヘルツェゴビナでは4万人が避難所での生活を余儀なくされています。さらに、90年代のユーゴ紛争で埋設された地雷や多数の不発弾が流出した可能性があり、2次被害の危険も指摘されています。

国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)は、災害調査調整チーム(FACT)を派遣。被災国の赤十字社支援のため、2か国それぞれに約450万スイスフラン(約5億1,000万円)の支援を国際社会に求める緊急アピールを発表しました。両国の計22,400世帯を対象に、食糧を含む救援物資の配布、給水・保健衛生、シェルターの提供、こころのケア、帰宅支援に焦点を当てて活動を行う予定です。皆さまの温かいご支援をよろしくお願い致します。

1.救援金受付名

「2014年バルカン半島洪水救援金」

2.受付期間

平成26年6月9日(月)~平成26年9月30日(火)

※ゆうちょ銀行の受付は、平成26年6月13日(金)~平成26年9月30日(火)

3.協力方法

(1)インターネットもしくは銀行口座から

(※銀行口座への直接振込も、下記サイトにて事前手続きをしていただけますと幸いです。)

日本赤十字社のウェブサイトにアクセスし、画面上段右側にある「寄付をしたい」をクリック。
「寄付をしたい」ページの中段にある「インターネットでの寄付はこちら」をクリック。
参照先ページ「2014年バルカン半島洪水救援金」のコラムにある「寄付をする」をクリックし、指示に従って進む。
もしくは、こちらの「インターネットでの寄付」案内ページに直接アクセス。上記③以降のステップは同じ。

<銀行口座情報>

  • 三井住友銀行 すずらん支店 (普)2787705
  • 三菱東京UFJ銀行 やまびこ支店 (普)2105710
  • みずほ銀行 クヌギ支店 (普)0623250

※口座名義はいずれも「日本赤十字社 社長 近衞忠煇」。

※ご利用の金融機関によっては、振替手数料が別途かかる場合がございます。

※受領証をご希望の方は、お手数ですが日本赤十字社まで下記情報をご連絡ください。

①お名前(受領証の宛名) ②ご住所 ③電話番号 ④ご寄付された日 ⑤寄付額 ⑥お振込み金融機関名・支店名

(2)郵便振替口座から

郵便局・ゆうちょ銀行に備え付けの振替用紙に、下記事項をご記入の上お振込みください。

口座番号:00110-2-5606

口座名義:日本赤十字社

※ゆうちょ銀行の受付は、平成26年6月13日(金)~平成26年9月30日(火)

※通信欄に「2014年バルカン半島洪水救援金」とご記入ください。

※窓口でのお振込みの場合は振込手数料がかかりませんが、ATMをご利用の場合は所定の手数料がかかることがあります。

※受領証をご希望の場合は、ご依頼人欄にお名前とご住所を明記の上、通信欄に「受領証希望」とご記入ください。

振り込みに関するご連絡先

日本赤十字社 組織推進部 海外救援金担当

TEL:03-3437-7081