岩手県山田町に放課後児童クラブが完成 ~5月14日にお披露目会を開催~

日本赤十字社は、台湾赤十字組織から寄せられた海外救援金を活用し、岩手県山田町の放課後児童クラブ2カ所の建設を支援しています。

その1つである「山田北小学校放課後児童クラブ」が完成し、5月14日にお披露目会が行われます。ぜひご取材ください。

東日本大震災で被災した地域の復旧・復興には、地域住民の就労環境を整備することが不可欠です。

山田町は震災1カ月後に放課後児童クラブを再開し、現在4施設が運営されていますが、未整備の学校区もあり、全区への早期設置が求められていました。

日本赤十字社は、台湾赤十字組織から寄せられた海外救援金をもとに、同町内2カ所の放課後児童クラブの建設に計8,000万円の建設支援を決定しました。完成した山田北小学校放課後児童クラブには4,300万円を支援。児童約40人の利用が見込まれています。

なお、もう1カ所の豊間根地区放課後児童クラブには3,700万円の支援を決定しており、平成26年12月に完成予定です。

お披露目会の概要

日時 平成26年5月14日(水)12時00分~13時30分
場所 山田北小学校放課後児童クラブ(岩手県下閉伊郡山田町山田第13地割44番地2)
出席者 佐藤 信逸 山田町長
王 清峰 台湾赤十字組織会長
早野 義夫 日本赤十字社岩手県支部事務局長 ほか
次第 (1)開式 (2)町長挨拶 (3)工事経過報告 (4)出席者紹介 (5)感謝状授与 (6)来賓祝辞 (7)記念撮影 (8)閉式