5月8日は世界赤十字デー~世界最大の人道支援ネットワークで「生きる力」を支える

赤十字運動(正式名:国際赤十字・赤新月運動)には、世界で約1,700万人のボランティアが参加しています。「人のために。誰かのために」という思いが結集して、世界最大の人道支援ネットワークが築き上げられました。70億人といわれる世界の人びとと私たち赤十字は、さまざまな形で関わっています。被災地や医療現場でのふれあいにとどまらず、献血や救急法の講習、街頭募金などを通じて、気がつくと皆さまの身近なところに赤十字は存在しています。それは、一世紀半にわたって、国籍や宗教、敵味方に関係なくすべての人びとに寄り添い、公平に手を差し伸べてきた組織の、揺ぎない信条によって築き上げられてきたものです。

赤十字を構成する赤十字国際委員会(ICRC)、国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)、そして日本赤十字社を含めた世界の189の赤十字社・赤新月社は、その活動の歴史と規模で世界一を誇る、国際支援・保護を行う運動体です。私たちは、本日の世界赤十字デーを迎えるにあたり、世界中の苦しんでいる人びとのもとへ今後もいち早く駆けつけ、地域を支えながら、生きる希望を与える存在であり続けたいという決意を新たにしました。「赤十字がいるから大丈夫!」。「困ったときの赤十字!」。これからもこうした皆さまの信頼に応え、より多くの人たちの力になることが、私たちの心からの願いです。

世界赤十字デーと日本赤十字社の創立を記念して、5月を「赤十字運動強化月間」としています。「誰かのために役立ちたい」というあなたの思いを、赤十字を通して実現してみませんか?私たちは期間中、以下のイベントを開催しています。

5月5日(月)~5月18日(日)

赤十字フラッグ100枚の掲出

<場所>原宿表参道中央分離帯並びに歩道街路灯

(山手線原宿駅から地下鉄表参道駅までの約1㎞区間:都道413号線)

原宿アストロビジョンでの赤十字運動月間CMの放映

<場所>明治通りと表参道がクロスする神宮前交差点

<CM放映時間>10:00~22:00の毎時(1時間に4回)

表参道周辺ショップの店内での募金箱設置

 <協力店舗>

  • 表参道・新潟館ネスパス[アンテナショップ]
  • ダイアナ[婦人靴]
  • 京橋千疋屋[飲食店]
  • 茶-Cafe/遊茶[飲食店]
  • KINJI原宿店[服飾店]
  • 八千代銀行原宿支店[銀行]

5月8日(木)~5月30日(金)

菅原一剛写真展「赤十字への道」
赤十字の創設者アンリー・デュナンの足跡を辿る旅

<会場>日本赤十字社本社1階ロビー

5月16日(金)

"100 pictures for 100 years" キャンペーン開始。

第一次世界大戦の開戦から100周年を機に、日本が参戦した8月23日までの100日間、当時の写真をICRCのツイッターで一日一枚配信(ICRC公式ツイッター:@ICRC_jp)

また、日本赤十字社では、特設サイトを設けて日本赤十字社の事業を映像などを通して紹介しています。ぜひご覧ください。