【東日本大震災】海外から寄せられた支援に「ありがとう」を伝えるキャンペーンを実施 ~海外救援金が1000億円突破!~

日本赤十字社は、東日本大震災により仮設住宅などで暮らす方への家電寄贈や、高齢者の共同住宅や保育園の建設、医療や福祉の充実など、さまざまな復興支援活動に取り組んできました。

この活動の財源となっているのは100の国や地域の赤十字などから寄せられた海外救援金で、受付総額は平成26年2月12日を以って1,000億円を超えました。

日赤には海外救援金のほか、義援金としても海外から多くのご支援が寄せられました。一般財団法人国際開発センターの「東日本大震災への海外からの支援実績のレビュー調査(※)」によれば、海外からの寄付金額の3/4が日赤へ届けられています。

本年3月で東日本大震災から3年が経過するに際し、日赤では、支援を寄せていただいた世界の人々に感謝の気持ちを伝えるため、「ありがとう、全世界。」キャンペーンを実施します。

日赤、JICAなどが協力。詳細はこちら

キャンペーン概要

1.シンボルマークおよびキャッチコピー

「ありがとう、全世界★」
「Thank you, world★」

2.小冊子(日本語/英語)の制作

3年間の事業をコンパクトに紹介したパンフレットを作成

※ご入用の方はご連絡ください。送付させていただきます。

制作仕様:A4判変形(正方形)4色24頁

3.特別番組の放送

タレントのSHELLYさんとダニエル・カールさんが被災地の現状をレポートしながら、日赤の支援地を訪問します。

番組名:ともに生きていく ~SHELLYとダニエルが歩く 東北500キロ~
放送日:BS-JAPAN 平成26年3月1日(土)16時~17時(60分)
被災3県(岩手、宮城、福島)の地方局地上波(30分)では3月中旬放送予定

4.朝日新聞社「AERA」に記事広告

3月発売の「AERA」(平成26年3月3日、10日、17日、24日発売号)で、海外救援金による日赤の復興支援事業についての記事を掲載します。

5.全日本空輸㈱(ANA)とのタイアップ企画

来日する海外の方に「ありがとう」を伝えるため、ANAの協力を得て、以下の広告展開を行います。
(1)国際線「SKY CHANNEL CM(機内番組前のCM)」の放送 3月中
(2)国内線、国際線全便でタイアップ紙コップによるドリンク提供 3月中

(3)ノベルティのプレゼント
■ 国内線 宮城県南三陸町で作られた「間伐材しおり」10,000個
期間:3月7日(金)~13日(木) 対象便:羽田発→伊丹便NH15/NH19/NH21/NH23/NH33 伊丹発→羽田便NH20/NH24/NH26/NH28/NH36

■ 国際線「ふせん」10,000個
期間:3月7日(金)~13日(木)
対象便:ANA成田発着欧米路線ビジネスクラス、エコノミークラス
(ホノルル線を除く)

※写真はすべてイメージです。
※機材変更等により、ご提供できないこともあります。
※数に限りがあります。品切れの際はご容赦ください。

6.復興支援特設WEBサイトのリニューアル

東日本大震災において日赤が行った医療救護班の派遣などの緊急支援から、現在も引き続き行っている復興支援の詳細情報をご覧いただけます。
http://www.jrc.or.jp/shinsai2011/ 平成26年3月1日(土)にリニューアル予定

7.新聞広告

3月11日に全国紙、地方紙などに新聞広告を掲載します。

8.交通広告

日本と海外を結ぶ玄関口である国際空港(成田空港・羽田空港)を中心に広告展開を実施。
また、被災地および首都圏の主要駅にポスター等を掲示します。

(1)成田空港(第1ターミナル) 3月中
①N-42(北ウイング4階 出発ロビー、吊り下げバナー広告)
②S5-BP1(南ウイング 第5サテライト3階、吊り下げバナー広告)
③SKY1-S(南・北ウイング4階 出発ロビー、デジタルサイネージ)
④SKY1-DP(南・北ウイング出発動線、デジタルサイネージ)
⑤SKY1-A(南・北ウイング 1階 到着ロビー、デジタルサイネージ)

(2)羽田空港(第2ターミナル) 3月中
2階チェックインロビー エレベーター(看板広告)

(3)被災県主要駅等
①盛岡駅、仙台駅、福島駅(ポスター)3月中
②仙台駅、あおば通り駅、長町駅、郡山駅(デジタルサイネージ)3月中
③首都圏(東京、品川、横浜、渋谷、秋葉原、大宮、恵比寿、上野、赤羽、八王子、三鷹、国分寺、池袋、浦和、新宿、吉祥寺 各駅のデジタルサイネージ) 3月10日(月)~16日(日)、品川駅のみ3月中
④成田エクスプレス トレインチャンネル(CM放映)3月中
⑤京成スカイライナー ビジョン(同上)3月中

本件に関するお問い合わせ先

日本赤十字社 企画広報室

TEL:03-3437-7071(直通)