日本赤十字社と航空会社Peachがつなぐ、二つの復興

日本赤十字社は、Peach Aviation株式会社の協力のもと、東日本大震災で被災された方々を神戸に招待します。神戸では、阪神・淡路大震災で被災した方々との交流会を行うほか、阪神・淡路大震災復興の象徴である「神戸ルミナリエ」などを訪問します。

18年前の震災により大きな被害を受けた地域が、復興に向けどのように歩んできたのか、被災者同士が実体験を基に語り合うことで、未来を描き、復興への力としていただけるよう支援したいと考え、本企画を開催いたします。

つきましては、本企画の開催告知および当日の様子について、ぜひご取材いただけますようお願い申しあげます。

実施概要

◆日程

平成25年12月7日(土)~12月8日(日)

◆参加

15組30名(予定)

※東日本大震災で被災された方/子ども1名(小学4年生~中学3年生)+保護者1名

◆内容:

仙台空港からPeachの飛行機にて関西国際空港へ。日赤兵庫県支部にて阪神・淡路大震災の被災者との交流会。その後、復興の象徴「神戸ルミナリエ」を見学。翌日は大阪観光。

◆行程:

<7日(土)>

1.仙台空港発MM132便(9:20発予定)→関西国際空港(11:10着予定)

2.日本赤十字社兵庫県支部で阪神・淡路大震災の被災者との交流会(13:30~15:30予定)

3.神戸ルミナリエを訪問(16:00~17:30予定)

<8日(日)>

4.USJユニバーサル・スタジオ・ジャパンを訪問(10:00~16:00予定)

※詳細は特設WEBサイト http://www.jrc-tohokukobe.jp(11月15日公開)をご参照ください。

※上記行程は予定となります。11月中旬~下旬頃に、再度取材案内のリリースをいたします。

※取材当日は、参加者の方々へのインタビューが可能です。

■本件に関する問い合わせ先
日本赤十字社×Peach Aviation社タイアップ企画 広報事務局(株式会社ジュンプロモーション内)
担当:川上
TEL:03-3402-5136 / 090-9854-9542
メール:yo-suke@junpro.co.jp