被災地の子どもたちが大自然の中で「課外授業」サマーキャンプ2013開催のご案内

日本赤十字社では、夏休みを利用して、東日本大震災の被災地で生活する児童・生徒2160人を北海道のルスツリゾート(留寿都村)に招き、「サマーキャンプ2013 inクロスヴィレッジ」を実施します。7月22日(月)~8月18日(日)まで、3泊4日を1回とし、全9回行います。

被災地の子どもたちは、震災を機に生活環境が変化し、先行きの見えない不安と闘っていたり、福島では屋外で遊ぶ場所も制限されたり、という現状があります。

本キャンプは、そうした子どもたちに北海道の大自然の中で思いっきり体を動かして伸びやかに過ごしてもらおうと企画したものです。昨年初めて実施し、「新しい友だちができたのがうれしかった」「自然の中で遊び、初めて体験することがたくさんあった」など好評だったことから、今年も実施することとなりました。

開催にあたり、数人の教師をメンバーとした「プログラム検討委員会」を設置。被災地の教師たちが普段から子どもと接して感じていることや保護者の声を反映し、楽しむだけでなく、仲間との協調・助け合いを学ぶなど、将来の成長の基盤作りになるような、普段の生活ではなかなか体験できないプログラムを取り入れました。

東日本大震災を経験した子どもたちが、本キャンプを通じて逞しく成長していく姿をぜひご取材ください。7/22は新千歳空港⇔ルスツリゾート間の専用バス(P.2)をご用意いたします。

イベント・セレモニーのご案内(詳細はP.2)

1. オープニングセレモニー仙台空港
日時:平成25年7月22日(月)10時00分~10時30分
場所:仙台空港1階イベント広場

2. オープニングセレモニー福島空港
日時:平成25年7月22日(月)9時00分~9時30分
場所:福島空港1階イベントスペース

3. 入村式
日時:平成25年7月22日(月)16時40分~17時10分
場所:ルスツリゾート(北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地)

詳細はこちら(PDF:864KB)

協力企業・団体(50音順)

人員協力:
新日本有限責任監査法人、(株)ジェーシービー、ハウス食品(株)、北洋銀行、(株)みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行、明治学院大学

物資提供:
キヤノンマーケティングジャパン(株)、ジャガー・ランドローバー・ジャパン(株)、ハウス食品(株)、(株)フレーベル館

入場料等の免除:
羊ヶ丘展望台((一社)札幌観光協会)

本リリースに関する問い合わせ先
日本赤十字社 東日本大震災復興支援推進本部 杉山、菊池
TEL:03-6860-7608