6月14日は『世界献血者デー』~今年のテーマは“Give the gift of life:Donate blood”

6月14日は『世界献血者デー』。この記念日は「献血者の皆さまに感謝するとともに、輸血用血液(赤血球・血漿・血小板)の世界的な需要が高まる中、献血活動にご協力いただいているボランティアの方々に敬意を表し、その活動を広く認識していただく日」です。この運動をご理解いただき、ぜひご取材ください。

第1回『世界献血者デー』は2004年6月14日に開催され、2005年には世界保健総会決議(WHA58.13)によって記念日として承認されました。『世界献血者デー』のイベントを開催する国の数は年々増加し、各国が工夫を凝らしたさまざまな活動を行っています。

記念すべき10年目を迎える今年のテーマは、“Give the gift of life: Donate blood”(生きるという贈りもの)です。

献血は治療による痛みを和らげて病気と闘う力になりますが、現代でも血液を人工的に作ることはできません。献血は、健康な献血者の皆さまから、病気と闘う患者さんに血液だけでなく“いのち”を分けてあげること、“生きる”という贈りものを届けることでもあるのです。

日本赤十字社では、6月14日に合わせて各地でイベントを予定しています。
例えば、日本武道館では「Love in action meeting-Live」として無料ライブを実施(イベントサイトはこちら)。

各地の献血ルームや献血バスの会場では、ボランティアによる生演奏や手作り菓子、けんけつちゃんのクリアファイルなどを用意します。

各地の取り組みについてはこちら(PDF:365KB)、または各血液センターのホームページなどをご覧ください

本件に関するお問い合わせ先
血液事業本部 経営企画課 広報担当 中野・吉田
TEL:03-3437-7708