ANAグループから『すずらんのしおり』を日赤の入院患者さんに

日本赤十字社は、ANAグループのご厚意により、赤十字病院の入院患者さんへ手作りの『すずらんのしおり』約20,000枚の寄贈を受けることになりました。

「しあわせ」「幸福の再来」などの花言葉を持つすずらんの花のプレゼントは、昭和31年から始まり今年で58回目を迎えます。今年度はANAグループで「挑戦」「アジア」をテーマに『Challenge for ASIA by ANA × AKB48』プロジェクトを展開しており、その一環としてAKB48のメンバーもしおり作成に参加してくださいました。作成されたしおりは、ANAグループの客室乗務員が全国47カ所の赤十字病院などで入院生活を送る患者さんに直接手渡されます。

本件お問い合わせ先

日本赤十字社企画広報室 堀口・佐藤・千葉