表参道ヒルズと日本看護協会が赤一色に!~赤十字150年と世界赤十字デーを記念して~

赤十字創設150周年と世界赤十字デー(5月8日)を記念し、表参道ヒルズ(東京・渋谷区)の壁面幅約250メートルと日本看護協会ビルが5 日間、赤くライトアップされます。

赤十字の創始者アンリー・デュナンが、イタリア・ソルフェリーノの戦場で「傷ついた人々を敵味方の区別なく救護する」という着想を得たのが1859年。それから4 年後の1863年に、彼の考えに賛同した仲間4人と共に「五人委員会(現在の赤十字国際委員会:ICRC)」を立ち上げました。日本では、2009年から2013年までの5 年間を「赤十字150年」キャンペーン実施の年とし、ICRCと日本赤十字社が連携して国内外のさまざまな活動を広く一般の方にお伝えする機会としてきました。最終年を迎える今年、表参道ヒルズと日本看護協会の全面協力を受けて、五年前のキャンペーン開始時と同様に両ビルの壁面が赤く染まります。

表参道では、「赤十字150年」キャンペーン旗の掲揚、京橋千疋屋表参道原宿店の赤十字チャリティメニューも同時に実施しています。併せて、是非ご取材くださいますようお願いいたします。

2009年キャンペーン開始時のライトアップの様子

開催期間:平成25年5月8日(水)~5月12日(日)の5日間
点灯時間:17:00~22:00
開催場所:表参道ヒルズおよび日本看護協会ビル(東京都渋谷区神宮前4丁目、5丁目界隈)

■地下鉄をご利用の場合
東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道駅」 A2出口より徒歩2分
東京メトロ千代田線、副都心線「明治神宮前〈原宿〉駅」 A5出口より徒歩3分
■JRをご利用の場合
JR山手線「原宿駅」表参道口より徒歩7分

お問い合わせ先:
赤十字国際委員会(ICRC)駐日事務所(広報担当)真壁、齊藤
電話:03-6459-0752 / FAX:03-6459-0751
日本赤十字社 企画広報室(企画担当)櫻田、新井
電話:03-3437-7070 / FAX:03-3432-5507

※ 赤十字150年キャンペーンについては、日本赤十字社特設ホームページをご覧ください。
※ 取材については、お手数ですが、事前に電話にてお申し込みをお願いいたします。