「赤十字150年写真展」を開催します~人々に寄り添いつづけて一世紀半~

スイス人アンリー・デュナンが、「戦争で傷ついた人々を敵味方の区別なく救護する」という着想を得て、赤十字を創設してから、今年はちょうど150年にあたります。
赤十字国際委員会および日本赤十字社は、150周年を記念して下記のとおり写真展を開催します。

本写真展は、アンリー・デュナンの誕生日(1828年5月8日)にあたる世界赤十字デーに合わせ東京(京橋)からスタートし、全国の主要都市で順次開催していきます。世界大戦や国内初の救護活動となった磐梯山噴火災害など、歴史的出来事の中で展開された赤十字の活動写真を中心に展示します。

赤十字は、世界で最も歴史ある人道支援組織であり、今やそのネットワークは世界188カ国に広がっています。世界には、紛争や自然災害などで命の危険にさらされ苦しむ人たちが、いまだ多く存在しています。本写真展を通じて、助けを必要とする人々に寄り添い続ける赤十字の姿を知っていただきたく、この機会に是非ご取材ください。

開催期間

平成25年5月8日(水)~ 5月31日(金)

(平日)9:30~18:30(土・日)9:30~17:00<入場無料>

開催場所

千疋屋ギャラリー(京橋千疋屋 本店2階)東京都中央区京橋1-1-9

  • 東京駅八重洲中央口より徒歩5分
  • 東京メトロ銀座線京橋駅7番出口より徒歩3分
  • 東京メトロ東西線日本橋駅B3 出口より徒歩5分

京橋千疋屋とのタイアップについて

本写真展の開催にあたり、果物の老舗・京橋千疋屋は展示会場を提供してくださるほか、開催期間中「赤十字150年特別メニュー・ギフト」を販売し、その売上の一部を赤十字活動資金にご協力いただきます。

これまでにも、募金活動をはじめ東日本大震災復興チャリティーメニューの提供などに協力してくださっています。

赤十字150年特別メニュー

京橋本店、表参道原宿店の2店舗で5月1日から31日までの間、「トロピカルパフェ」「VSすいかカット」「ギフトセット」の3つの特別メニューが数量限定で販売されます。詳しくはこちらをご覧ください。

※ご注文いただいたお客様には、感謝の気持ちをこめて、もれなく赤十字150年記念オリジナルキャンディなどをご用意しています。