日本赤十字社と京都大学iPS細胞研究所が『医療用iPS細胞ストック』構築で協力

日本赤十字社と京都大学iPS細胞研究所は、『医療用iPS細胞ストック』の構築に向けた協力体制をとることをお知らせします。

1.iPS細胞、iPS細胞ストックとは
※詳しい説明はこちら(1p)をご覧ください。

2.構築に向けた流れは
献血者の中にいる、『拒絶反応が起きにくいと思われるHLA型※を持つ方』に対して日本赤十字社から協力を呼び掛けます。呼び掛けに応じた方の内、京都大学iPS細胞研究所からの研究内容説明に同意いただけた協力者から、血液(および同意された方は皮膚)の提供を受けてiPS細胞を作製することになります。

3.今後の予定
平成25年から献血者に対しての周知を開始し、同年の夏ごろから協力者に対しての具体的な説明や協力への同意、血液等の提供をいただき、iPS細胞の作製に進む予定です。

本件に関するお問合せ先
日本赤十字社 血液事業本部 広報担当 中野 TEL:03-3437-7708
京都大学iPS細胞研究所(http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/index.html