シリア人道危機救援金募集~シリアおよび周辺国での人道支援のために~

民主化を求める市民運動をきっかけに武力衝突と弾圧が続くシリアにおいて、同国および周辺国のヨルダン、レバノン、イラクで救援活動にあたる赤十字の活動を支援するため、日本赤十字社では救援金を募集します。期間は、平成24年10月3日(水)から平成24年12月28日(金)まで。集められた救援金は、国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)や赤十字国際委員会(ICRC)を通じて、シリアと周辺国で負傷者の応急手当、食糧や飲料水、生活物資の供給、避難民キャンプの整備などの赤十字の活動に役立てられます。

皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

1.受付期間

平成24年10月3日(水)~平成24年12月28日(金)

2.お振込方法

(1)郵便振替口座から
郵便局・ゆうちょ銀行に備え付けの振替用紙に、下記事項をご記入の上お振込みください。
口座番号:00110-2-5606
口座名義:日本赤十字社

※窓口でのお振込みの場合は振り込み手数料がかかりませんが、ATMをご利用の場合は所定の手数料がかかることがあります。
※通信欄に「シリア救援」とご記入ください。
※受領証をご希望の場合は、ご依頼人欄にお名前とご住所を明記の上、通信欄に「受領証希望」とご記入ください。

(2)銀行口座から
銀行に備え付けの振替用紙に、下記事項をご記入の上お振込みください。
銀行名:三井住友銀行 銀座支店
口座番号:(普)8047727
口座名義:日本赤十字社 社長 近衞忠煇

※ご利用の金融機関によっては、振替手数料が別途かかる場合がございます。
※受領証をご希望の方は、お手数ではありますが日本赤十字社まで下記情報をご連絡ください。
①お名前(受領証の宛名)②ご住所 ③電話番号 ④ご寄付された日 ⑤寄付額 ⑥お振込み金融機関名・支店名

日本赤十字社連絡先窓口
日本赤十字社 組織推進部 海外救援金担当 電話:03-3437-7081

3.日本赤十字社の対応

日本赤十字社では、シリアと周辺国でICRC、IFRC、および各国赤十字社が実施する救援活動を支援するために、総額4,000万円の資金援助を行うこととしています。

4.各国赤十字・国際赤十字の動き

(1)シリア赤新月社 ―シリア国内で活動を展開。市民の救護にあたる
負傷した市民の応急手当、救急車の派遣、緊急物資の配付に取り組む。アレッポ、ドゥーマ、ハラスタ地域のシリア赤新月社支部では臨時保健所を設置。

(2)周辺諸国の赤十字社 ―シリアから国外へ逃れた避難民支援に従事
ヨルダン赤新月社、レバノン赤十字社、イラク赤新月社、トルコ赤新月社は、ICRC、IFRCからの支援のもと、シリア避難民の受け入れのため避難民キャンプの設置や保健医療活動、食糧・救援物資の配付にあたる。ヨルダンでは、カタール赤新月社およびアラブ首長国連邦赤新月社も医療チームを派遣し救護支援を展開。イラクでは、同国赤新月社が避難民の「こころのケア」にあたっている。

(3)赤十字国際委員会(ICRC)―主に戦時、紛争下において負傷した市民の救護をはじめ、当事者・政府に人道的配慮を行うよう働きかける
支援物資の供与のほか、9月にはペーター・マウラーICRC総裁がアサド大統領と会談。人道支援活動への協力を呼びかけ、大統領も同意。これを受け、現在、支援の拡大を検討中。

(4)国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)―災害対応、各国赤十字の活動支援を主とする。シリア赤新月社支援のため各国赤十字社へ協力呼びかける
食糧、衛生キット、マットレスなどの救援物資を配付。また、現地病院の診療機能を強化するために、臨時保健所の運営支援、救急搬送サービスなどの支援を実施中。

本件お問い合わせ先
日本赤十字社 企画広報室 松本、鈴木 Tel:03-3437-7071(直通)