北朝鮮への墓参や遺骨帰還に向けての日朝赤十字間の意見交換を予定

日本赤十字社は、戦時中や終戦直後の混乱の中で、北朝鮮国内において亡くなった日本人の遺骨が埋葬されている墓地への墓参や遺骨の帰還の実施について、今般、朝鮮赤十字会(北朝鮮における赤十字社)と実務者間で意見交換を下記のとおり行うことになりましたので、お知らせします。

なお、意見交換の内容については、終了後、現地で日本赤十字社側参加者により取材をお受けします。

意見交換会日時: 平成24年8月9日(木)15時~8月10日(金)12時(現地時間)
意見交換会会場: 北京建国飯店 1F会議室Monterey Room(予定)
(北京市朝陽区建外大街5号)
取材日時および場所: 平成24年8月10日(金)12時30分頃(現地時間)
国際赤十字連盟会議室
(北京市 建国門外 外交公寓4-1-601)

意見交換内容(予定)

  1. 日本人の遺骨の帰還および関係者による墓参の実施にかかる認識の共有について
  2. 遺骨の帰還および墓参の実施に向けての両国赤十字社の役割について

出席者

日本赤十字社側3名、朝鮮赤十字会側3名

本件に関するお問い合わせ先
日本赤十字社 企画広報室 畑、松野