血液事業の運営体制が変わります~全国に7つのブロック血液センター~

日本赤十字社は、平成24年4月1日より血液事業の運営体制を、これまでの各都道府県の血液センター(以下、「各センター」)単位での運営から、より広域的なブロックを単位とする運営体制に変更いたします。
運営体制の変更は、「安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律」の理念である「安全な血液製剤を医療機関等へ安定的に供給」することを、更に充実させることが目的です。

詳しくはこちらをご覧ください。(PDF:205KB)