「小さな」子どもを育てる親の「大きな」悩みを解消!

日本赤十字社では、日本コープ共済生活協同組合連合会(以下、「コープ共済連」)とタイアップし、平成23年度~平成25年度の3年間、コープ共済連会員で小さな子どもを持つ親などを対象に、全国で講習会を実施いたします。

コープ共済連が運営している電話健康相談「CO・OP共済健康ダイヤル」には、子どもの発熱・発疹・下痢になった時の対処方法に関する問合せが数年に渡り上位を占めており、子どもを持つ親が悩んでいる実態が顕在化しておりました。

日本赤十字社としても、未就学児の心肺停止事例の約8割が家庭内で発生しており、小さな子どもを持つ親への「とっさの手当てや救急時の対応」を普及することが重要な課題であると考えたため、この度の企画が実現いたしました。

全国での講習会に先駆け、全国に約1,600名いるコープ共済連ライフプランアドバイザー(組合員への学習会を企画・運営)の中から代表者15名へのデモンストレーションを以下のとおり行いますので、ぜひご取材いただきますようお願いいたします。

なお、本デモンストレーションでは、妊婦さんや小さな子どもを持つ親に原子力災害に対する不安の軽減を図ることを目的に「放射線の基礎知識と予防対策」についても併せてお話させていただきます。

■学習会デモンストレーション

日 時: 平成24年1月14日(土)9:30~10:50(80分)
会 場: 新横浜ユウホール(神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-23 金子第2ビル2階)
参加者: コープ共済連ライフプランアドバイザー15名
講 師: 日本赤十字社 幼児安全法講師 3名(すべて看護師)
内 容: (1)子どもに多い病気(症状)の手当て(放射線の基礎知識と予防対策を含む)
(2)子どもの救急時の対応

■タイアップ事業の展開

(1)平成23年度 コープ共済連の所在地である千葉県内で、日本赤十字社千葉県支部が実施
(2)平成24~25年度 全国において、日本赤十字社各都道府県支部が実施

※取材いただける場合は、平成24年1月13日(金)16時までに、別紙によりFAXでお申込みください。

■本件に関する問い合わせ先
日本赤十字社 企画広報室 杉山、堀口
TEL:03-3437-7071 FAX:03-3432-5507 Eメール:koho@jrc.or.jp