東北3県に計325台の福祉車両等を寄贈~12月8日(木)女川町役場で贈呈式~

日本赤十字社は、平成23年12月8日から、岩手、宮城、福島の3県へ福祉車両等の寄贈事業を行います。

東日本大震災により、社会福祉施設などが所有していた車両の多くが滅失・損壊し、障がい者、要介護者、高齢者などに提供する福祉サービスに大きな影響を及ぼしていました。

日本赤十字社では、これらの福祉施設等が必要としている車両を寄贈することにより、適切な福祉サービスが継続して提供されるよう、来年4月末までに合計325台(岩手県40台、宮城県133台、福島県152台)の寄贈を予定しています。

本事業の開始にあたり、以下の通り贈呈式を行いますので、ぜひご取材いただきますようお願いいたします。

なお、寄贈する車両は、車椅子の乗降が可能なリフトを備えた車両・スロープ式車椅子移送車・送迎用のワンボックスタイプ車・電動乗降シート車などの福祉車両を始め、軽トラック・ライトバン・小型自動車などで、福祉施設のほか被災地域の各自治体にも寄贈し、保健福祉事業などに活用されます。

※本事業は、日本赤十字社が行う東日本大震災の復興支援活動のため、世界各国の赤十字社を通じて寄せられた「海外救援金」を財源としています。

■贈呈式

日 時 平成23年12月8日(木)12:00~12:10(予定)
場 所 宮城県女川町役場(住所 宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原316)
寄贈車両 4台:小型乗用車(軽四駆・ハッチバック)2台、軽トラック2台
※贈呈式で寄贈される車両は福祉車両ではありません。ご注意ください。
出 席 者 女川町長(予定)、女川町健康福祉課、日本赤十字社宮城県支部事務局長 他
※ご取材頂ける場合、下記問合せ先まで事前にご連絡いただきますようお願いいたします。
当日連絡先 日本赤十字社 森本(携帯電話) 080-5983-2101

■本件に関するお問い合わせ先
日本赤十字社 東日本大震災復興支援推進本部 小峰・日下部
TEL / 03-6860-7608