義援金受付額が3,000億円超え

日本赤十字社では、平成23年3月11日の東日本大震災の発生を受け、3月14日より義援金の受付を行ってきましたが、約8カ月を経て、本日、弊社受付額が3,000億円を超えました。

ご協力いただきました皆さまには心から御礼申し上げます。

報道機関の皆さまにあっては、引き続き被災された方々に息の長い支援を行うため、義援金募集の報道にご協力いただければ幸いです。

また、弊社では一切の手数料をいただくことなく、「全額」被災都道県の配分委員会を通じて被災された方々に順次届けられております。

当初9月30日までとしていた受付期間を平成24年3月31日まで延長しましたが、現在も毎日多くの方から義援金が寄せられ、直近となる10月の1カ月の1日平均受付額は約2億1,941万円となっています。

なお、近年最も多く義援金をお寄せいただいた阪神・淡路大震災の際でも、受付から8カ月の時点では990億円でした。

■ 日赤受付額

3,000億8,948万9,410円〔260万3,804件〕(11月10日現在)

(参考)
中央共同募金会受付額 376億9,297万7,386円(11月10日現在)
日赤との合計額 3,377億8,246万6,796円・・・(A)

■ 送金額

3,049億5,611万3,264円(11月10日現在)・・・Aのうち90.2%(B)
(15都道県に日赤と中央共同募金から)
※内訳はこちらを参照ください。(PDF:287KB)

-------------------------------------------------
(参考:厚生労働省資料、10月28日現在)

■ 市区町村への送金額 2,716億円・・・Bのうち89%(C)
■ 被災者への配分額 2,445億円・・・Cのうち90%(D)

受付金額/被災者配分額(D/A)72.3%

※その他資料はこちらをご覧ください。(PDF:287KB)

■本件にかかるお問い合わせ先
日本赤十字社企画広報室 杉山、堀口
TEL:03-3437-7071