誤って落水したら?「小学生着衣泳教室」~自分と友達のいのちを守る技術の体験~

日本赤十字社千葉県支部は、八千代市立八千代台東第二小学校が全校児童を対象に行う「着衣泳教室」に講師を派遣いたします。

この教室は、同校のプールを利用し、1学年から6年生までの全校児童約220人が参加し、誤って落水した場合に備え、慌てずに洋服を着たまま水に浮く方法や、身近なペットボトルを浮き袋にする知識と方法を学びます。

日本赤十字社では、普段から水の事故を防止することを目的とした「赤十字水上安全法」講習の普及を広く図っており、今回の教室には、安全な泳ぎ方等の普及を通じて、水の事故防止思想の啓発を図るために協力をするものです。

なお、指導にあたるのは、日頃から講習会で講師を行うボランティア(千葉県赤十字安全水泳奉仕団)7人です。

ぜひご取材いただきますようお願いいたします

■全校児童対象着衣泳教室

1.期 日 平成23年7月5日(火)
(1)前半教室 1~3年生対象 8:25~10:15 児童約90人
(2)後半教室 4~6年生対象 10:40~12:15 児童約130人
2.会 場 八千代市立八千代台東第二小学校プール(八千代市八千代台東6-26-1)
3.参加者 同校の全校児童約220人(2グループに分かれて)
4.内 容 ※荒天や水温が低い場合は、中止となる場合があります。
(1)着衣状態での落水体験と浮き方体験(浮いた状態で救助を待つ方法)
(2)身近なもの(ペットボトル)を利用した浮き袋の作り方と使い方体験
5.取材いただける場合
(1)プールサイドでの取材活動となります。(若干の水しぶきも予想されます。)
(2)7月4日(月)15:00までに別紙様式によりFAXでお知らせください。

※入校に必要な名簿を事前に作成いたします。当日は、学校事務室にお越しください。

■本件に関するお問合せ先
日本赤十字社千葉県支部 広報担当 長谷川 片岡
TEL:043-241-7531 FAX:043-248-6812