生活家電セットを被災者に寄贈 福島県桑折町など

【東日本大震災】
「生活家電セット」を被災者に寄贈
福島県桑折町など
仮設住宅57世帯へ

日本赤十字社は、被災された方々の生活支援の一環として、「生活家電セット」の寄贈を行っています。4月21日、福島県内では初めていわき市において生活家電セットを寄贈させていただきました。今後も引き続き配付をしていきます。

なお、この「生活家電6点セット」の購入費用は、日本赤十字社が行う本災害の支援活動のために世界各国の赤十字社を通じて寄せられた「海外救援金」を財源としています。

「生活家電セット」事業

1.家電6点:①洗濯機 ②冷蔵庫 ③テレビ ④炊飯器 ⑤電子レンジ ⑥電気ポット

2.対象:岩手県、宮城県、福島県などの仮設住宅に入居する方々(予定)
*対象となる方は、各自治体の決定によるものです。

3.配付日:平成23年4月23日(土)
福島県桑折町の仮設住宅ほか(57戸)*以降の配付についても順次進めております。

4.取材について:4月23日(土)午前10:00 桑折町の仮設住宅に日本赤十字社の職員が立ち会いのもと、家電セットを搬入します。

5.本事業について:一刻も早く被災者への支援を行うために、本事業では、赤十字の国際的ネットワークで集められた海外の赤十字社から日本赤十字社の救護活動支援として託された海外救援金を活用することとしました。

なお、国内で皆さまからお寄せいただいた「義援金」は本事業に充てられません。義援金は被災県の「義援金配分委員会」に全額が送金され、同委員会で定める配分基準により、被災された方々に届けられます。

本件の取材に関するお問い合わせ先

日本赤十字社 篠崎、小原

TEL: 090-1058-2604 または 090-1058-0268

本事業全般に関するお問い合わせ先

日本赤十字社 企画広報室

TEL: 03-3437-7070