ページ内を移動するためのリンクです。



ホームページ > 東日本大震災 > 復興支援事業 > 子どもたちの健康を守る保健室への支援

教育支援(KIDS CROSS project:日赤キッズクロスプロジェクト)

「ピカピカのベッドや身長計が届いたよ!」 子どもたちの健康を守る保健室への支援

11/10/28

 「渡波(わたのは)小学校の保健室はほぼ水没。使える備品はほとんどありませんでしたから、寄贈はとてもうれしかったです」。日本赤十字社は、震災で被災した岩手・宮城県内の学校99校に保健室の備品や消耗品を寄贈しました。世界の赤十字社から寄せられた「海外救援金」による、教育支援事業「KIDS CROSS Project(日赤キッズクロスプロジェクト)」の一環です。

 宮城県石巻市立渡波小学校では、10月7日に1年生の身体測定が行われました。8月末に完成した仮設校舎には、すでに真新しい身長計や視力計、ベッドなどが配備されています。「背が伸びたかな?」、子どもたちは久しぶりの身体測定にちょっぴり緊張気味。お行儀よく並んで、身長と体重を測ってもらいました。

 震災では1階の3分の2の高さまで津波に浸かった渡波小学校。5月から他校を間借りして授業を再開したものの、「教室だけでなく、健康診断に使う備品もその都度拝借していました。だから、日程の調整などで、なかなか希望通りにいかない面もありました」と同校の養護教諭、狩野陽子先生は振り返ります。

 日赤の備品寄贈には、うれしさと驚きがあったという狩野先生。「市に要望を出してはいましたが、保健室の備品は後回しになると思っていたのです。それが日赤から寄贈していただけると聞いて、びっくりしました。子どもたちの健康維持に役立てていきたいですね」と抱負を語っています。

ページTOPへ
  1. よくあるご質問
  2. 出版物・グッズ
  3. リンク集
  4. 情報公開案内
  5. プライバシーポリシー
  6. リンクについて
  7. サイトマップ
  8. 入札・契約情報
  9. お問い合わせ