ページ内を移動するためのリンクです。



ホームページ > 東日本大震災 > 復興支援事業 > 教育支援(KIDS CROSS project:日赤キッズクロスプロジェクト)

教育支援(KIDS CROSS project:日赤キッズクロスプロジェクト)

子どもたちの元気を応援するために

11/07/29

 東日本大震災では、子どもたちも多くのものを失いました。こうした子どもたちが一日も早く、もとの生活を取り戻すことが出来るよう、岩手県、宮城県、福島県において健康と教育の両面から支援を行っています。
 この活動は、東日本大震災の被災者のために、世界の赤十字社を通じて寄せられた「海外救援金」を財源に実施しています。

①赤十字健康安全教室
・熱中症予防法
 子どもたちと一緒に、うちわのぬり絵などをとおして、暑さ対策を楽しく学びます。
・救急法
 AEDの使用方法や、怪我をしたときの応急手当の方法を学びます。
・こころのケア
 災害を経験し、環境が一変した子どものこころの変化について、保護者と学びます。
②保健体育の環境整備
・保健室への支援
 津波で流された身長計やベッドなどを整備し、子どもたちの健康を守ります。
・仮設体育館の整備
 仮設の小中学校などに、体育館を整備します。
③スクールバスの支援
 仮設住宅と学校を結ぶスクールバスの運行を支援します。
④給食の支援
 津波で流出した食器や、給食センターの配送車を整備して、子どもたちが温かい給食を楽しめるようにします。
⑤学校行事などの支援
・移動映画館
 大型スクリーンを設置し、映画の上映会を行います。
・ピクニック・キャンプ
 バスで観光施設へ遠足に行くなどして、交流を図ります。

現地リポート:「ピカピカのベッドや身長計が届いたよ!」保健室への支援(10月28日)
現地リポート:子どもたちの通学を支えるスクールバス 山田町で運行中(9月30日)
現地リポート:被災地共同仮設校舎に日赤が体育館を(9月22日)
現地リポート:濡れたタオルで熱中症予防!被災地の小学校で「赤十字健康安全教室」(8月24日)
現地リポート:ぬり絵で熱中症を予防しよう!被災地「赤十字健康安全教室」を開催(8月2日)

ページTOPへ
  1. よくあるご質問
  2. 出版物・グッズ
  3. リンク集
  4. 情報公開案内
  5. プライバシーポリシー
  6. リンクについて
  7. サイトマップ
  8. 入札・契約情報
  9. お問い合わせ