日本赤十字社本社では「ゆう活」を実施します

国による「夏の生活スタイル変革(ゆう活)」の実施に合わせ、日本赤十字社本社(東京都港区)では8月3日(月)から28日(金)までの間、勤務開始時刻を1時間早める取り組みを実施します。

「夏の生活スタイル変革(ゆう活)」は、長時間労働削減などの働き方の見直しの一環として、「朝方勤務」や「フレックスタイム制」を推進し、夕方早くに職場を出るという生活スタイルに変えていくよう、国民運動として国が推進しているものです。

※参考:政府広報オンライン

日本赤十字社本社でも、明るい時間が長い夏は朝早くから働き始め、夕方を家族などと過ごす時間に充てることで、働き方の見直しにつなげ、ワークライフバランスの実現を目指します。