東日本大震災の義援金受付期間を延長します

日本赤十字社は、東日本大震災義援金の受付期間を平成26年3月31日(月)まで1年間延長することを決定いたしました。

同義援金は、平成23年3月14日から受付を開始し、その後、数回の期間延長決定を受けて平成25年3月31日までの受付となっていました。
震災からまもなく2年が経過しますが、現在でも、日本赤十字社に寄せられる義援金は1カ月間で約7,800件、金額にして約4.8億円に上ります。
お寄せいただきました義援金は、手数料などをいただくことなく全額を被災都道県に設置された「義援金配分委員会」を通じて、被災者にお届けしています。引き続き皆さまからの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

※義援金受付に係る事務費は、日頃から日赤にお寄せいただく「社費(会費)」により対応しています。

義援金の受付状況および送金状況については、こちらをご覧ください