NMB48とメルマガ読者、大阪でAED講習受講

AKB48グループと一緒に学ぶAED(自動体外式除細動器)講習会。その第4弾が12月3日、日本赤十字社大阪府支部で開かれ、NMB48メンバー2人とメルマガ読者52人が参加しました。

写真:講習会

講習会

若年層への救急法普及を目的に、今年10月から始まったAKBグループ参加の講習会もこの日が最後。トリを飾ったのはNMB48のメンバー、山本彩さん(19)と矢倉楓子さん(15)です。救護服に身を包み、心臓マッサージやAEDの使い方を学びました。高校の頃に救急法を体験したという山本さんは「心配だったけど、指導員さんとAEDがちゃんと教えてくれたので、大丈夫でした」と笑顔で話していました。

写真:柴田裕介さん

柴田裕介さん

「一度受講したいと思っていた救急法を、NMBと一緒にできるなんて本当によかった」。喜びいっぱいでこう語るのは大学生の柴田裕介さん。高校生の時に体験したことがある救急法の復習ができ、「これでとっさの時に行動できそうです」と自信をのぞかせています。また、「NMBの日赤CMもつくってください」とファンとしての思いも語ってくれました。