アートコレクション展の収益金が寄せられる

第17回 秘蔵の名品アートコレクション展

「第17回 秘蔵の名品アートコレクション展」の純益金562万2289円が10月14日、企業文化交流委員会の清原當博委員長(株式会社ホテルオークラ東京代表取締役社長)から、東日本大震災義援金として日赤に寄せられました。

同展は社会貢献に造詣が深い企業・団体でつくる企業文化交流委員会が中心となり、毎年夏にホテルオークラ東京で開催されています。今年は8月6日~28日、「文化勲章受章作家の競演 日本絵画の巨匠たち」と題して、全作家の作品計90点を展示しました。同ホテルが復興支援として開催したイベントにより集まった710万5007円も同日寄付されました。例年は日赤活動資金としての寄付ですが、今年は義援金として協力していただきました。