4月7日に発生した地震による影響について

4月7日23:34に宮城県沖を震源にマグニチュード7.4の地震が発生しました。この影響により、東北6県の赤十字病院では一部停電・断水の施設がありますが、患者の皆さま・職員ともに大きな被害はありませんでした。

うち、盛岡赤十字病院(岩手)・石巻赤十字病院(宮城)・秋田赤十字病院(秋田)では、停電のため通常外来は中止し、救急のみ対応とさせていただいております。(4月8日午前現在の情報につき、外来の再開など詳細については直接病院までお問い合わせください)

各県で展開している仮設診療所や救護所等においても、停電等の影響はあるものの、本地震によるけが人等が多数運ばれてきたという報告は現在のところありません。

東日本大震災の被災者の方々への救護活動は、これまでの体制を維持し、引き続き継続してまいります。