講習会のご提供

より多くの人が健康な生活を送れるよう、講習会を通じて、知識や技術をお伝えしています。

企業の皆さまが、安全なサービスを提供したり、健康的な社内環境を整備する際に、社員を対象にした講習会を開催することができます。

社内にAEDを設置する、防災減災に取り組みたい こんな時に赤十字をご活用ください。

救急法

救急法

日常生活での事故防止、手当の基本、人工呼吸や心臓マッサージの方法、AEDを用いた除細動、止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定、搬送、災害時の心得などについての知識と技術を習得できます。

水上安全法

水上安全法

水と親しみ、水の事故から人命を守るため、泳ぎの基本と自己保全、事故防止、溺れた人の救助、応急手当の方法などの知識と技術を習得できます。

雪上安全法

雪上安全法

雪の楽しさを知るとともに、スキー場などでの事故防止や、けが人の救助、応急手当の知識と技術を習得できます。

幼児安全法

幼児安全法

子どもを大切に育てるために、乳・幼児期に起こりやすい事故の予防とその手当、かかりやすい病気と発熱・けいれんなどの症状に対する手当てなどの知識と技術を習得できます。

健康生活支援講習

健康生活支援講習

誰もが迎える高齢期を、すこやかに過ごすために必要な健康増進の知識や、高齢者の支援・自立に向けて役立つ介護技術を習得できます。

講習会へのご参加や内容など詳しくはこちら

東京オリンピックに向けて、安全・安心なインフラづくりを

バナー画像

「赤十字救急法」の中でも特に重要な手当といわれる、「突然人が倒れた時の救命手当」にスポットを当て、「心肺蘇生」や「AED」の方法を赤十字と一緒に多くの市民に伝えるCSR活動案をご用意しました。

参加方法は簡単。赤十字が平成24年に公開し、年間7万人に閲覧されている「救命手当の動画(15分)」を、皆さまの企業・団体のホームページからリンクを張ってご紹介いただくだけです(左のバナー画像をお使いいただけます)。

詳しくはこちら