東日本大震災海外救援金の受け付け状況のご報告

日本赤十字社には、国内外の皆さまから多額の義援金をお寄せいただいているほか、世界各国の赤十字社を通じて海外救援金が届けられております。

受付状況 100,218,730,013円(2016年2月29日現在)

(注1)上記は送金の連絡を受けている金額を含みます。

(注2)上記金額には、クウェート政府から日本政府に寄贈された原油500万バレルにあたる約400億円も含まれています。

このクウェート政府からの海外救援金は、岩手・宮城・福島県に送金され「1地域基盤復興、2医療支援、3福祉・介護支援、4教育支援、5農林水産業支援、6中小企業支援、7雇用支援、8原発事故被災者支援」の8分野で活用されています。

内訳はこちらをご覧ください

お寄せいただきました海外救援金は、被災地のニーズをお聞きした上、被災した学校に保健室の整備、大きな被害を受けた病院の再建、被災した高齢者を受け入れた介護施設にベッドの整備、そして仮設住宅にお住いの方がたに生活家電セットを寄贈させていただくなど、被災地の皆さまが心身ともに健康な生活が送れるように支援を行っております。

さらに詳しくは「東日本大震災 日本赤十字社の活動」ページをご覧ください。