2016年ハイチハリケーン救援金

カリブ海で発生した強力なハリケーン「マシュー」が、10月4日、ハイチに上陸し、南西部を中心に35万人以上の人びとが被災し、数百人が死亡したとされております。また、衛生環境の悪化からコレラの流行も懸念されています。

国際赤十字・赤新月社連盟は12か月間にわたって支援することを発表し、ハイチ赤十字社は連盟や各国赤十字社の支援を受けて、安全な水の供給・救援物資の配付などの救援活動を行っています。

このハリケーンで被災された方がたを支援するために、下記のとおり救援金を受け付けますので、皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

ご寄付いただいた救援金は、ハイチ赤十字社が実施する救援活動に充てられます。

募集期間:2016年10月9日(日)から12月31日(土)まで

受付状況:22,762,525円(2016年12月9日現在)

日本赤十字社が行っているその他の緊急支援・被災者支援

現在受付中の支援

受付終了の支援